2017年12月24日

選択が強制されるから反対?

「選択的夫婦別姓は選択が強制されるから反対」などと
言った選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)を
見たことがあります。

このような反対派(非共存派)も、以下の問いかけに
対しては「前者がいい」と答えるのでしょう。


続きを読む


posted by たんぽぽ at 23:48| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

選択と強制の夫婦同姓

この問いかけは、選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)なら
「前者がいい」と答えるのではないかと、わたしは思います。

反対派(非共存派)でない「ふつうの人」は
どう答えるのかは、わたしにはわからないです。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:46| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

日本の社会的習俗にそぐわない?

前のエントリの続き。

さきの選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)は、
選択的夫婦別姓に反対するのは「性や家族の乱れ」ではなく、
日本の社会的習俗にそぐわないからだと言ってきました。



続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:09| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

売春と夫婦別姓は同列か?

「売春は自分と関係なくても反対するだろう、
だから選択的夫婦別姓も自分と関係なくても反対する」
という、選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)に
わりとよく見られる主張です。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:03| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

反対派の実態を見て賛成する人

選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)の主張内容や
態度を見て、選択的夫婦別姓に賛成しようと思ったかたは、
どれくらいいらっしゃるのかと思います。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:20| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

川田龍平・立憲民主党に入党

現在無所属の参議院議員の川田龍平が、
立憲民主党に入党することが決まりました。
年内に正式に入党できる見込みです。

「川田龍平参院議員 立憲民主党に入党へ」

「川田龍平参院議員 立憲民主党入党へ」
(はてなブックマーク)

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:28| Comment(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

応援する人が常にいる状態

こうした意見を見ていると、わたしのつたないブログも
存在しているだけで意義があるのかなと
ちょっと思ったりもします。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:29| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

人権を侵害する言論の自由

これは「深淵な非もてのサイト」のかたのことでもあると思います。

「保守速報」の記事掲載、差別と認定 地裁が賠償命じる:朝日新聞デジタル

ひょうげんのじゆうはすべてに優越するので、人権との衝突が生じた場合は人権を侵害して表現の自由を保障しなきゃいけません!とか抜かすバカどもにはいい薬だ。

2017/11/16 20:50

「深淵な非もてのサイト」のかたは、
つぎのように人権を侵害する「言論の自由」を
権力で抑圧してはならないと考えているからです。

「人権を侵害する「言論の自由」は権力で抑圧されるべきか」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:32| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

ツイッターで躍進しなかった?

10月22日の衆院選で立憲民主党が大健闘した
原因のひとつに、ネットとくにツイッターを使った
選挙戦術が功を奏した
ことがあります。

ところが年代別の投票率を見ると、立憲民主党は若年層で低く、
高齢層で高いことから、立憲民主党を支えたのは高齢層であって、
ネットで躍進したのではないと主張する記事があります。

「立憲民主党「Twitterで躍進」は本当か? 支えたのは「シルバー世代」 (1/2)」
(はてなブックマーク)

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:46| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

実の親子関係を解消したい

オウム真理教の麻原彰晃の四女が、実の親子関係を
解消する制度の導入を求めています。

「麻原彰晃・死刑囚の四女が訴える 「親と縁を切れる制度を」」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:33| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

性的メディアと男の性欲

性的メディアがないと、「男が女に興味を持たなくなって
少子化や未婚が増える」と主張する人と、
「強姦が増える」と主張する人がいます。



続きを読む

posted by たんぽぽ at 06:05| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

子どもなし高所得世帯は増税?

子どものない世帯は年収800万円以上で増税する案を
政府が検討している、という情報が流れています。
これが本当ならのっぴきならないです。

「子どもなし世帯は年収800万円超で増税案」
(はてなブックマーク)

政府が、子どもがいない世帯で年収800万~900万円超の場合に
増税とする案を検討していることが判明。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 06:41| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

内紛にあきれた層とはなにか?

11月20日ポストでご紹介した、
枝野幸男は「変節漢」などと評するエントリですが、
10月22日の衆院選をこんなふうに見ています。
わたしはこの分析にも異議があります。

「「枝野は本物の男に見える」に異議あり」

今回の衆議院選挙は自民党が主役ではなく、
民進党右派(希望の党)と民進党左派(立憲民主党)との内紛が主役だ。
この内ゲバに呆れた層が、自民党支持に回っている
というのが今日までの選挙情勢となる。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:11| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

名古屋市議補選・国政直記当選

11月19日に行なわれた、名古屋市議会の補欠選挙で、
立憲民主党の国政直記が当選しました。
立憲民主党の初の地方議員となります。

「立憲民主に初の地方議員 名古屋市議補選で当選」
(はてなブックマーク)
「名古屋市議東区補選 立憲、初の地方議員 国政氏が当選」
(はてなブックマーク)

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:05| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

枝野幸男は変節漢に過ぎない?

10月22日の衆院選で枝野幸男、あるいは立憲民主党は
筋を通したという見解に、異議があるというエントリです。
石原慎太郎氏の「本物の男」発言を意識したものです。

「「枝野は本物の男に見える」に異議あり」
石原氏の「節を通した枝野」の部分をたまごどんが修正すると、
「梯子を外されやむなく新党を立ち上げた枝野」となる。
枝野だって小池都知事が改憲論者ということは知っている。
希望の党へ合流することを一旦は了承した枝野が護憲派を名乗るってのは、
一般的に言って変節漢というんじゃないでしょうか。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:14| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

他の野党や支持母体との関係

枝野幸男は今後の展望として「立憲民主党は単独で
政権交代を目指す」とコメントしています。
共産党など共闘している他党との連立政権は
考えてないということでしょう。

それだけでなく、野党共闘自体を解消するのかと
心配になるかたも、いらっしゃるかもしれないです。

「立憲民主党が躍進 枝野代表、次の衆院選は「単独での政権交代」目指す」
また次の衆院選では、単独で政権交代を目指し、
候補者を擁立する考えがあるかという質問に対しては、
「そのつもりだ」と明言した。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:11| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公募で候補者を集める問題

メインブログの11月13日11月16日エントリで、
立憲民主党の選挙戦略についての記事を見てきました。

「自民支持の若者票をどう取り込む?
立憲民主党・枝野代表を直撃!「まったく考えていません」」


ここで公募で候補者を得ることの問題に触れています。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:50| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

学生の就業状況の国際比較

高等教育機関(大学など)の学生の就業状況
(アルバイトをしているか、フルタイムの仕事についているか)
についての国際比較をした調査があります。
これを見てみたいと思います。

男性と女性とにわけて示してあります。
出典は内閣府『我が国と諸外国の若者の意識に関する調査』2013年度です。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:19| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

ネットで正確な情報を得ている?

最近は10代、20代の若年層に自民党支持や安倍政権支持が
多いということは、いくつもの世論調査が示しています。

「衆院選 若者層は保守的? 内閣・自民支持多く…世論調査」

これを「若い人たちは正確な情報にアクセスするからだ」
などと考えるかたがいるので、ご紹介したいと思います。

「若者層が保守的なのは正確な情報に触れているからでは?」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:05| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

竹田恒泰の結婚改姓幻想

夫の苗字に改姓したくない女性が不幸になるとしたら、
結婚改姓しない女性に対して否定的な
竹田恒泰氏のような人がいるからだと思います。

竹田恒泰氏のような人がいなければ、
夫の苗字を名乗りたくない女性も不幸にならないでしょう。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:37| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする