2016年12月05日

日本死ね・流行語受賞に反発

ユーキャンの流行語大賞に選ばれた「保育園落ちた日本死ね」は、
やはり反発する人がいらっしゃるのでした。

「つるの剛士「日本死ね」流行語に「とても悲しい」」

話題になっていたときも、反発がたくさんあったことです。
流行語に選ばれて改めて評価と注目を受けることで、
また反発する人が出てくるのは、容易に予想されることではあります。

 
つるの剛士氏はその反発を次のように表現しています。


悲しむべきは、保育所の整備が立ち遅れている日本の現状です。
「保育園落ちた日本死ね」は、現状を改善しない
日本社会に対する不満、そしてそれによって生活が
立ち行かなくなる状況を率直に表現したものです。

日本の保育所環境はそれくらい劣悪だと理解することです。
ことばが気に入らないからと言って黙らせたところで、
「日本死ね」と表現されるべき現状はなにも変わらないです。

流行語に選ばれたのがご不満でしたら、現状を改善するべく、
保育所の整備に尽力することです。
保育所で苦労しなければ、「日本死ね」なんてだれも言わないです。


「日本死ね」と言われるまで、保育所の不足をいくら訴えても、
相手にしてこなかったのが日本社会です。
「日本死ね」がそんなに嫌なら、なぜそう言われる前に、
適切な対処をしてこなかったのかと思います。


「日本死ね」という表現が悪いというもの言いも、
「批判のしかたが悪い」という「批判批判」の一種だと思います。
都合の悪い批判が出てきたので、自分が受け入れられないのを
批判者の態度のせいにして、矛先を転嫁しようというのでしょう。


つるの剛士氏だけが特別では、ぜんぜんないでしょう。
「保育園落ちた日本死ね」に対して、同じように反発する人は、
はなはだ残念なことにたくさんいると思います。

「日本死ね」が不満だというつるの剛士氏のような人は、
保育所の整備をおこたってきた日本社会を構成する一員として、
自分の責任も問われていると感じ取っているのかもしれないです。
それで責任逃れをしたいことが考えられます。

「日本が悪く言われた」という、ナショナリズム、
ショービニズム的動機も考えられるでしょう。
これらが大事だという人は「政治とは天下国家を語るもの」
という認識があることが考えられます。

そうした人は、家族やジェンダーに関することは、
「オンナコドモのことだからくだらない」と思っていたりします。
それで保育所のことなんていくら放置しても
なんら問題ないさえ思っていて、
「くだらないことで、日本が悪しざまに言われた、許せない」
とでも感じるのではないかと想像します。



付記:

つるの剛士氏に関してのその後。

「つるの剛士「保育園落ちた日本死ね」流行語に違和感…批判に謝罪」

「「日本死ね」に“異議”のつるの剛士さん 
一連のツイートが波紋「謝る必要ない」「問題の本質理解してない」」
posted by たんぽぽ at 22:47
"日本死ね・流行語受賞に反発"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]