2016年09月20日

一部の特例をもって全否定

9月11日エントリで、フィリピンについて熱弁を
ふるっている「ヒラリー」が、階級問題をジェンダー問題に
すり替えているということをお話したのでした。

http://tamagodon.livedoor.biz/archives/51930548.html
私から述べさせて頂くと、
・フィリピンは女性専門職・管理職が多いという
大学教授の言及を引用してますが、フィリピンなど東南アジアは
華僑が圧倒的に強い、という男女以前の現実があります。

(1. ヒラリー 2016年06月22日 08:47)

 
「ヒラリー」がなにを見たのかは予想がつきます。
専門職と管理職の女性の割合の国際比較の図だと思います。

「専門職と管理職の女性比率」


「大学教授」というのは教育学者の舞田敏彦氏のことでしょう。
「フィリピンはスゴイな。双系社会だからか」と、
このツイートでひとこと書き添えてあるので、
「ヒラリー」はここに反応したということだと思います。


「ヒラリー」は次のエントリでもコメントしていて、
上述の専門職と管理職の女性の割合を示す国際比較の調査が
信用できない、という意味のことを言っています。

「少々疲れています」

たんぽぽさんのところは相変わらず女性管理職は日韓が少ないけど
フィリピンは多いとかの使い回しですから意味ないでしょうね。

(2. ヒラリー 2016年07月25日 10:18)

「ヒラリー」の言いたいことは、おそらくこうだろうと思います

1. フィリピンのジェンダー平等は、階級格差のせいだから
本質的に社会が公平とは言えない。
2. よって調査に出ているほかの国も本質的に社会が
公平だからジェンダー平等というわけではない。


1.について

階級問題をジェンダー問題にすり替えている「ヒラリー」の論理が
おかしいことは、9月11日エントリですでにお話しています。

「階級とジェンダーのすり替え」


2.について

1.がおかしいので前提が成り立たないですが、
1.が成り立ったとしても、そこから2.は導けないです。
図中にある欧米の民主主義国のジェンダー平等は、
階級社会が顕著だからというわけではないからです。

「ヒラリー」が調査そのものを否定したいなら、
欧米の民主主義国のジェンダー平等も、
フィリピンと同じ事情によることを証明する必要があります。


欧米の民主主義国のジェンダー平等は、
本質的な社会の公平と平等を達成するべく努めた結果であり、
階級格差が顕著であることによるのでないことは明らかです。
とくにジェンダー平等が進んでいる北ヨーロッパの
国ぐににおいては、ジニ係数が国際的に見ても低く、
格差の小さい社会が達成されています。

「所得格差の国際比較(2009~2012年、OECD諸国+ロシア)」

所得格差の国債比較(OECD諸国)

欧米の民主主義国におけるジェンダー平等は、
フィリピンとは事情が異なるということです。
それゆえフィリピンの事情をもって、他国のデータの信頼性まで
失われるものではないことになります。


「ヒラリー」がやっているのは一部の例外や特例を楯にして、
全部を否定するということです。
言ってみれば、気に入らないのであら探しをして
難癖をつけるのと同じようなものだと思います。
とても実証的とは言えないしろものです。
posted by たんぽぽ at 22:35
"一部の特例をもって全否定"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]