2016年09月11日

階級とジェンダーのすり替え

たまごどんのブログのコメント欄に居ついている
「ヒラリー」ですが、こちらのコメント欄で、
フィリピンについて熱弁をふるっています。

「竹島の不法占領国を選びなさい」

なにが言いたいのか、ぜんぜんわからないです。
「ヒラリー」のコメントが意味不明なのは、いまに始まったことではないですが。
私から述べさせて頂くと、
・フィリピンは女性専門職・管理職が多いという
大学教授の言及を引用してますが、フィリピンなど東南アジアは
華僑が圧倒的に強い、という男女以前の現実があります。

(1. ヒラリー 2016年06月22日 08:47)


もう少し先を見てみることにします。
続いている「ヒラリー」のコメントもやはり論旨不明瞭ですが、
並べるとなんとなくわかってくるかもしれないです。

フィリピンでは華僑が実権を握っているから、
女性の専門職や管理職が多いということですか?
繋がりがよく分からなかったのですが。

(2. たまごどん 2016年06月23日 00:17)
私は、たんぽぽさんのところで津田塾大創設者である
津田梅子の例をあげて、男女というよりその当時の華族や
それに近い家に生まれると教育でも経済でも有利になる。
貧しい生まれなら男であることを理由に恵まれたりしない、と書きました。

東南アジアは政界や富裕層に華僑が多くて、
フィリピンのアキノ前大統領やタイのインラック前首相も。

(3. ヒラリー 2016年06月23日 08:10)
まあ、必ず東南アジアは華僑が政界、経済界を
牛耳っているわけでなくともその比率が高いですね。

(4. ヒラリー 2016年06月23日 08:53)

「上流階級の女性は、下層階級の男性より、
経済的に裕福な生活をしているから、女性のほうが男性より
恵まれていることがあるので、ジェンダー差別ではない」と、
「ヒラリー」は言いたいもののようです。

そして「裕福層の華僑が社会の上層を占めるフィリピンで
実際にジェンダー格差が小さい」から自説は裏づけられていると
「ヒラリー」は考えているのでしょう。
女性管理職のお話なのに、唐突に華僑が出てきたのは、
このような思考回路によることになりそうです。


「階級・格差問題」の「ジェンダー問題」へのすり替えです。
「ヒラリー」の言っていることは、端的に言えば、
「お姫さまは貧しい庶民の息子より裕福な暮らしをしているから、
ジェンダー差別はない」みたいなものです。
これがばかげた主張であることは、言わずもがなでしょう。

低ヒエラルキーの男性より、高ヒエラルキーの女性のほうが
暮らしぶりがいいことを楯にとって、「女性差別はない」とか
「女性のほうが優遇されている」と言い出すのは、
とくに低ヒエラルキーに分類される男性の中にいるようです。


こういう男性は「女」というだけで、男である自分より
高ヒエラルキーであることが、許せないのかもしれないです。
「女はすべて男より低ヒエラルキーでなくてはならない」という、
よくよくのセクシストということになりそうです。


あたりまえのことですが、その社会にジェンダー差別が
あるかを調べるには、同じ階層コミュニティの中で、
男性と女性とでどのように扱いが違うかを見る必要があります。
上述のわたしの例でいけば、「お姫さまと王子さまを比べてどうか」、
「貧しい庶民の息子と娘を比べてどうか」です。

王子さまは国や領邦の継承者として相応の教育を受けますが、
お姫さまには継承権がないことも多かったです。
庶民でも家業の跡取りは通常息子であり、財産も息子が相続しました。
簡単な例ですが、王族、庶民のいずれのコミュニティも、
それぞれにジェンダー差別があったことは言うまでもないです。



付記:

たまごどんは「フィリピンはトップのヒエラルキーにおいては、
ジェンダー差別は少ない」ということだと、
「ヒラリー」のコメントを好意的に解釈しているようです。

要するに社会階級が存在していて、
そのヒエラルギーのトップから専門職や管理職が選ばれている。
そしてそのクラスでの女性差別は少ない(社会階級差別>男女差別)
という図式ですね。なかなか面白い視点です。

(5. たまごどん 2016年06月26日 08:59)
posted by たんぽぽ at 14:12
"階級とジェンダーのすり替え"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]