2017年04月13日

民進党支持者の攻撃性と無責任

とある民進党支持者「ポルフィラス」とその
「お仲間」たちが、ちょっと話題になったので、
ストーリファイにしてみました。

「とある民進党支持者たちの攻撃性と無責任について語った」

続きを読む


posted by たんぽぽ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

自分の色が見えないのはだれか?

森友学園への国有地売却の件で、当時理事長だった
籠池泰典氏の証人喚問が、3月23日にありました。

この証人喚問に対する反応で、追求側だけ党派性があらわになって
問題であるかのように、思っているかたがいらっしゃります。



続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

野党共闘と共産党支持者の考え(2)

野党共闘に対する共産党支持者の考えかたについて、
わたしが思ったことのストーリファイを、少し更新しました。

「野党共闘に対する共産党支持者の考えかたについて思ったこと」


posted by たんぽぽ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

野党共闘と共産党支持者の対処

2月11日エントリでお話した、
「自分が正義をまっとうすること」が大事で、
立場の異なる人たちとの利害調整を
まったくしたくないという、共産党支持者の例です。

「カルトより靖国のほうがまし?」
「「野党共闘はクソ。カルト候補よりも靖国議員のほうが、社会的利益がある」」

2016年の参院選石川選挙区の、立憲4党の統一候補が
カルトの元信者だったことを、話題の発端にしています。
「野党共闘はクソ」と何度も何度も繰り返し、
市民社会フォーラムの講演でもそれを言ったとのことです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

野党共闘と共産党支持者の考え

野党共闘に対する共産党支持者の考えかたについて、
わたしが思ったことを、ストーリファイにしました。

「野党共闘に対する共産党支持者の考えかたについて思ったこと」

2016年参院選の石川選挙区の野党共闘候補について、
共産党支持者がだいぶ問題にしたので、
それに関連したことをお話しています。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

「批判のしかた」に責任転嫁

「保育園落ちた」は「バリバリの左派」のかたが、
自分が「ポリコレ棒」をという表現を使うことや、
自分が「ポリコレ棒」という概念があると考えることを、
わたしのせいにしてきました。

このかたのすさんだ認識を、わたしが批判し続けたことに加えて、
わたしがこのかたを社会的強者と言ったことが、直接の原因です。
自分の認識が「わたしのせい」ということです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

悲しき「与党信仰」の末路

ときどき見かける「与党でなければ政策は実現しない」
「野党は政権を取れないから政策が実現しない」と考えるかたです。
おそらくこのようなかたは、一定数いるだろうと思います。

「「与党でなければ政策は実現できない」の末路」


続きを読む

posted by たんぽぽ at 12:35| Comment(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

孤立する批判者はみじめ?

同調圧力に屈せず批判をして孤立することを、
「黒猫亭」は「みじめ」とか「ああはなりたくない」と言っています。

「わたしは世間から忘れられてみじめらしい」

これはおそらくつぎのまとめを見たからだと思います。
時間的にも合っているし、ほかに該当者もなさそうです。
わたしのことを、疎外されてみじめと言っていると思われます。

「「アベノミクスで自殺者が減ったことを批判する人は、
死体の山を築いても自分のメンツが大事な人でなしだ」」


以下はわたしのことであってもなくても、
どちらでもいい一般論としてお話することにします。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 10:12| Comment(2) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

カイカクを支持する人たち

「カイカク」が好きな人たちの精神構造や思想的背景です。
なるほどこういう人たちなのですね。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 18:23| Comment(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月21日

正義意識に固まった人

自分こそは正義であり相手は絶対悪だという確信が強い人です。
「絶対悪」の相手は制裁する必要があり、
それが正義である自分の使命だとも思っているようです。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

選挙で社会は変わらない?

わたしなら「えーーー!?」と言いたくなる認識です。

最近の選挙に限っても、2005年、2009年、2012年の衆院選は
どれもかなり社会を変えたと、わたしは思いますよ。
2007年と2010年の参院選も、これらの衆院選とくらべると
小規模だと思いますが、社会を変えたと思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

差別も反差別もどっちもどっち

安田浩一氏によるヨーゲン取材の記事を読んだのですが、
やはりそれがかなり気に入らなないかたは、すくなからずいるようです。
そうしたかたをひとり見つけたので、ご紹介したいと思います。

「差別も反差別もどっちもどっち。ヨーゲン取材に寄せて」
「差別も反差別もどっちもどっち。ヨーゲン取材に寄せて。(簡易ver.)」

反反差別の人にありがちな主張を展開していますよ。
差別も反差別も「どっちもどっち」と言いたいもののようです。
続きを読む

posted by たんぽぽ at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

正義を懐疑する3条件

正義を懐疑する3条件。
これらはつねに念頭に置いておきたいものです。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 20:16| Comment(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

反権力派の描く社会観

反権力を標榜する人たちが描きやすい社会観だと思います。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:26| Comment(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

正しい人が怖いです

ずいぶん前のツイートなのですが、最近わたしのところに
リツイートされてきたものです。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:17| Comment(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする