2020年10月13日

攻撃的な立憲民主党支持者の被害を受けた

先日、選択的夫婦別姓の賛成派に回った
東一さんが、「りっけんナオ」氏や
「ホワイトハウス」と対立した経験を語っていました。

続きを読む


posted by たんぽぽ at 22:50| Comment(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月27日

選択的夫婦別姓の活動でフェミの親玉?

選択的夫婦別姓・全国陳情アクションの
ななさんが、なんと「フェミの親玉らしい」と
ツイッターで言われてしまいました。

このツイートの人は、ななさんが
大勢から批判されていると思って、
そこへの加勢を呼びかけています。
このツイートの人は、ななさんのことを
こころよく思っていないのでしょう。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:18| Comment(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月24日

あなたから離れたかたはいますよ

6月23日エントリの続き。

岡村隆史氏を批判するかたたちは
いなくなったのではなく、「山田晃嗣」に愛想を
つかして離れただけだろうという、
先鋭化が進んでいることについて、
わたしはツイッターでもお話しました

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:11| Comment(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

差別を目指しているとは言っていない

岡村隆史氏の「風俗嬢」発言を擁護する
「山田晃嗣」は、「岡村隆史氏は女性蔑視や
女性差別を目指していない」と言っています。

岡村隆史氏を批判する人たちは
「岡村隆史氏は差別を目指している」と
主張していると、「山田晃嗣」は
思っているのでしょうか?

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:20| Comment(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先鋭化が進む岡村隆史の擁護派

岡村隆史氏の「風俗嬢」発言を擁護する
「山田晃嗣」は、「最近は岡村隆史批判が
ほとんど見られず『岡村隆史批判批判』が
増えてきた」などと言っています。

5月28日のツイートで、岡村隆史氏の問題の発言と
謝罪から約1ヶ月後、いまから1ヶ月近く前です。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:16| Comment(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月23日

「風俗嬢」発言批判でなにを得るのか?

5月21日エントリの続き。

「山田晃嗣」は、今度はnanaさまに
「岡村隆史氏の発言を批判することで
なにを得たいのか?と訊いてきました。

きゅうにそれまで話題にしていなかった
新しい論点を出してきたことになります。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:46| Comment(6) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

立憲民主とれいわの対立をあおる愚策

3月27日エントリの続き。

「高村武義」氏は、「れいわは性的少数者問題にも
賛成しているが、貧困問題のほうが熱心だ」
と言うのかもしれないです。

そして「立憲民主党は貧困問題にも
賛成しているが、れいわとくらべると不熱心だ」と
言うのかもしれないです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:01| Comment(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

差別の告発を黙らせたい差別主義者

選択的夫婦別姓の実現を求めるかたたちが
結婚改姓の負担について会話しているところへ
「四条烏丸(旧:もも281)」が
乱入してきたことがありました。

「結婚改姓の負担が理解できない」
「男に改姓させろと言う別姓反対派」
「ある選択的夫婦別姓の反対派、結婚改姓の負担が理解されないという会話に絡んでくる」

このとき「四条烏丸」は、「差別だと被害を
声高だかに主張しないのが冷静で知識がある」
という主旨のことを言っていました。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 09:46| Comment(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

モデルマイノリティ・推進派の分断

5月26日エントリで、「選択的夫婦別姓の推進派は
反対派がいないと困る」などと奇妙なことを言った、
暗い情熱の持ち主「四条烏丸」ですが、
今度は「推進派にもいろいろある」と言ってきました。

推進派には「ネットで反対派に絡みたいだけの人」と
「地道に市民活動や裁判闘争をする人」がいる、
というのが、「四条烏丸」の主張です。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:03| Comment(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

思想家の活動家はいないようですが?

前のエントリの続き。

「反フェミ」で選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)の
この人は、選択的夫婦別姓について語るのは、
「思想家の活動家が多い」などと言っています。

「あるある」なんてつけて、ご自分の認識に自信があるようですが、
いったいどこのお話をしているのかと思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 12:08| Comment(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

そしてネトウヨは訴えられた

メインブログの12月15日エントリと12月26日エントリで、
高齢層にネトウヨが増えていることを見てきました。

「ネットでネトウヨ化する高齢層」
「ネットで影響力を持ったネトウヨ」

弁護士に集団で不当な懲戒請求をしたネトウヨたちは、
弁護士から逆に訴えられる事態になったのでした。

「突然、父がネトウヨに…スマホで右傾化する高齢者たち」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:37| Comment(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

ツイッターに影響はありますが?

メインブログの10月14日エントリの続き。

選択的夫婦別姓の過激な反対派(非共存派)の
「四条烏丸(旧:もも281)」は、「ツイッターに影響がないのに、
なぜ反対派に絡んでくるのか?」と言っています。

「ツイッターに影響がない」とは、わたしは言っていないです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:31| Comment(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

政治家に抗議する話ではない

メインブログの10月4日10月10日エントリでご紹介の
「四条烏丸(旧:もも281)」のツイートについての続き。

「四条烏丸(旧:もも281)」は、なにを思ったのか
「反対派政治家の事例をあげられますがそれは当該政治家に
抗議すべきでしょう」などと言っています。

なんでそんなことが出てくるのかと思います。
わたしはここでは、そんなことを言っていないです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:37| Comment(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

学生運動の闘士だった保守・右翼

9月29日エントリの続き。
西部邁氏の訃報に寄せたエントリです。

「西部邁Xウーマン村本の対談~村本「人を殺さずに国を守りたい」西部と語る「政治の理想と現実」」

このエントリのかたは、西部邁氏がかつて学生運動に
関わっていたことを指摘し、それゆえに見識が広くて
左派的な立場からものを見られると評価しています。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 08:45| Comment(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

ツイッターだけが世界なのか?(2)

9月23日エントリ、9月24日のふたつのエントリの続き。

「ツイッターだけが世界なのか?」
「とあるマジョリティの被害意識」
「真に攻撃的で過激なのは反対派」

「四条烏丸(旧:もも281)」は、
執拗にわたしのことを「過激」呼ばわりし続けます。

わたしは、自分やほかの選択的夫婦別姓の
推進派のかたたちはべつだん過激でないことを、
具体的な根拠をあげて再三抗議しています。
「四条烏丸」はひたすらそれを無視するようです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 07:00| Comment(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

真に攻撃的で過激なのは反対派

「四条烏丸(旧:もも281)」が、選択的夫婦別姓の推進派を
「過激派」呼ばわりしたことを、そして推進派が実際に
「過激」と呼べそうなことはないことを、何回かお話しました。

「ツイッターだけが世界なのか?」
「過激な選択的夫婦別姓推進派はだれ?」
「「夫婦別姓賛成急進派」はだれ?」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:49| Comment(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とあるマジョリティの被害意識

「四条烏丸(旧:もも281)」が、選択的夫婦別姓の推進派を
「過激派」などと言うのは、自分がちょっかいを出したら
相手から反論されてやり込められたので、
それを根に持って言っているだけだと思います。

「ツイッターだけが世界なのか?」
「過激な選択的夫婦別姓推進派はだれ?」
「「夫婦別姓賛成急進派」はだれ?」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:41| Comment(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

ツイッターだけが世界なのか?

9月17日エントリ、9月21日エントリの続き。

「発言の撤回をお願いします」
「だれがそんな「理屈」を使うのか?」

「四条烏丸(旧:もも281)」は、また選択的夫婦別姓の
推進派を「過激派」などと言っています。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:12| Comment(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

だれがたんぽぽの「仲間」なのか?

メインブログの9月21日エントリで、
「国産品」氏が「たんぽぽはこいつと仲間ということにして、
こいつがやったことをたんぽぽもやったことにする」という、
根拠のない属人的判断をしたことをお話しました。

「根拠のない属人的判断らしい」

この「仲間」というのはだれのことかと思います。
「192時間」その他がなんのことなのか、
わたしはいまだにわからないので、「192時間」その他を
やらかした「仲間」とやらもだれなのか、
皆目見当がつかないのが率直なところです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:06| Comment(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暴言や捏造の「事実」より「可能性」

「一条戻り橋(現:四条烏丸、旧:もも281)」は、
選択的夫婦別姓の推進派による発言、
とくに反対派(非共存派)に対する批判の中に
「暴言や捏造の可能性がある」などと言っています。
とても人聞きの悪いことを言うと思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 16:42| Comment(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする