2016年09月07日

子どもの貧困率・国際比較

ひとり親世帯の貧困率というと、日本はOECDの中で、
親が未就労のときより就労したほうが貧困率が高くなる
ただひとつの国という、きわだった特徴が注目されます。

「ひとり親の子どもの貧困率」
「ひとり親世帯の貧困率」

日本は政府による再分配がまったく不徹底で、
本末転倒なことをしている国ということですから、
問題視するのは当然と言えます。

ここではほかの国ぐに、とくに貧困率の改善の程度が
大きい国について、見てみたいと思います。
いままで日本以外の国をほとんど見てこなかったこともあるからです。


続きを読む


posted by たんぽぽ at 22:37| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

ジェンダー別の正社員の割合

男性と女性の年齢階層別の正社員の割合です。
資料は総務省の『就業構造基本調査』(2012年)です。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

殺人の被害者は家族が半分

殺人事件の被害者は家族が半分近いというデータです。
警視庁の『犯罪統計書』(2014年)によります。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 06:44| Comment(4) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

男性の育児休暇の取得率

2015年の男性の育児休暇の取得率は、2.65%で過去最高でした。
厚生労働省のプレスリリースで発表です。

「「平成27年度雇用均等基本調査」の結果を公表します」


続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:39| Comment(4) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

女性政治家の増加と多様性

次のエントリのコメント欄で、「さきの都知事選で、
たんぽぽたちは小池百合子を支持するべきだ」と語り合っています。

「少々疲れています」
それで、たんぽぽさんたちはもう自分で答えを言ってるんです。
女性、女性というなら都知事選も小池百合子を応援すべきなのにしない。
何でか?男女の問題ではないでしょ、ということで私と同じ考えなのです。

(2. ヒラリー 2016年07月25日 10:18)
ヒラリーさんのいう通り、小池百合子を応援するのが
たんぽぽさんのスジのような気がしますね。
彼女が当選すれば、男女格差が減ることになりますので。

(3. たまごどん 2016年07月26日 00:46)

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:33| Comment(2) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

女性が管理職を目指さない理由

次のエントリのコメント欄で、なぜ日本では女性管理職が
少ないか
について、少しだけ語り合っています。

「少々疲れています」

こちらのかたは、女性管理職が少ないのは、管理職になりたいと思う
女性が少ないからだとお考えになっています。
女性管理職ですけど、そもそも管理職になりたいと思う女性が少ないですからね。
ウチの会社でも手を挙げる女性は少ない。
結局、管理職になれば収入が増えるけど、
責任もその分重くなるから嫌だってことでしょう。
実際、たまごどんは管理職にそれほど魅力を感じていませんです。

(3. たまごどん 2016年07月26日 00:46)

続きを読む

posted by たんぽぽ at 12:44| Comment(14) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

都知事選・保育と貧困政策

7月31日の東京都知事選の主要3候補者(増田、小池、鳥越)の
保育や貧困対策についての政策比較があります。
静岡大学の石原剛志氏が作成したものです。
これを見てみたいと思います。

「都知事候補者の保育・貧困への政策比較」


続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:13| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

日本会議・ミソジニーの本質(4)

7月4日7月7日7月12日エントリの続き。

日本会議をなぜメディアが取り上げないのか?
それは日本会議の活動は「オンナコドモは黙っていろ」なので、
一般社会は「オンナコドモのことはくだらない」と思って、
興味を持たないからだったのでした。

「菅野完さんの、日本会議がやってきたことは『女子供は黙ってろ』運動だ」
(はてなブックマーク)

神道政治連盟や統一教会がメディアで取り上げられないのも、
同じ理由ではないかと思っています。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:59| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

日本会議・ミソジニーの本質(3)

7月4日エントリ7月7日エントリの続き。

日本会議が力を持つようになったのは
「オンナコドモのことはくだらない」と思って
放置してきた一般社会の責任でもあるのでした。

「菅野完さんの、日本会議がやってきたことは『女子供は黙ってろ』運動だ」
(はてなブックマーク)

かかる一般社会の姿勢を示す一例として次のツイートがあります。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:45| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

子育て支援に対する本性?

自民党の稲田朋美政調会長が、子育て支援を始めとする
公的支援について、すさまじい見解を披露していました。
7月4日の札幌での講演で出た発言です。

「「日本死ね、言っている場合じゃない」 自民・稲田氏」
(はてなブックマーク)
「子育て支援政策、自助か共助か 稲田氏・山尾氏が論戦」
(はてなブックマーク)

問題の発言を全文引用しておきます。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:48| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

性暴力被害者支援法案・提出

かなり前で恐縮ですが5月12日に、民進、共産、おおさか維新、
生活、社民の5党で「性暴力被害者支援法案」を衆院に提出していました。
「立憲4党」プラスおおさか維新の5党です。

「性暴力被害者支援法案を野党5党が衆院に提出」
「性暴力被害者の支援に関する法律案を国会提出へ 次の内閣」
「性暴力被害者支援を 5党が法案を提出」

6月1日に国会は閉会しているので、審議は秋の臨時国会に持ち越しで、
これからどうなるかというところだと思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:14| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

日本会議・ミソジニーの本質(2)

7月4日エントリの続き。
日本会議の活動の中心は「オンナコドモは黙っていろ」についてです。

「菅野完さんの、日本会議がやってきたことは『女子供は黙ってろ』運動だ」
(はてなブックマーク)

『日本会議の研究』の著者が記者相手に、日本会議の本質についてお話すると、
いちばん理解しないのが、日本の中高年男性の記者です。
その中でも左派のかたほどなかなかしないのでした。
続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:58| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

女性議員増法案提出できず

6月9日なので少し前ですが、女性議員を増やすための法案を、
通常国会で提出できなかったというニュースがあります。

「女性議員増へ足並み乱れ 超党派、法案提出できず 
女性団体「政争の具、もうやめて」」

「女性議員増へ足並み乱れ 超党派、法案提出できず 
女性団体「政争の具、もうやめて」」
(全文)

なぜ提出できなかったかは、例によって(?)自民党が原因です。
法案を準備したのは超党派の議員連盟で、
この議連からの法案提出ができなかったのでした。
(後述のように、野党が単独で法案を提出してはいます。)


続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

日本会議・ミソジニーの本質

メインブログの7月4日エントリで、日本会議の活動の中心は
「オンナコドモは黙っていろ」であることをお話ししました。

「菅野完さんの、日本会議がやってきたことは『女子供は黙ってろ』運動だ」
(はてなブックマーク)

さらに大事なこととして、メディアや一般社会も
「オンナコドモのことはくだらない」と思って、
日本会議を放置してきたという問題があります。
これが日本会議が強大化した原因のひとつだからです。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:38| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

朝日・日本会議研究・家族編

朝日新聞が6月17日から6月19日にかけて、日本最大級の右翼団体、
日本会議の家族政策に関する特集記事を載せています。

「日本会議研究 家族編 上 「親学」にじむ憲法観」
「「親の責任」授業で問う 「男女共同参画への対案」」
「日本会議とは」
「主体変容は「責任転嫁しない考え方」 高橋氏」

「日本会議研究 家族編 中 子の権利拡大認めず」

「日本会議研究 下 家族編 別姓反対 「広げた」運動(1/2)」
「日本会議研究 下 家族編 別姓反対 「広げた」運動(2/2)」


続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:36| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

AV出演強要・国が被害調査

アダルトビデオへの出演の強要に関する被害について
国が実体調査をすることになりそうです。
6月2日に被害実態の把握をつとめる答弁書を閣議決定しました。
(閣議決定だけで、調査を開始したのではないですが。)

「AV出演強要問題、国が被害実態調査へ…答弁書を閣議決定」
(はてなブックマーク)

弁護士ドットコムの記事はあまり長くないので、全文引用します。
続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:03| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

性嗜好障害(性依存症)のメモ

メインブログの5月19日エントリのコメント欄における
議論で出てきた「性嗜好障害(セックス依存症)」について、
簡単に触れておくことにします。

「セックス依存症を知ろう!症状や原因・治療法は?
なりやすい人の4つの特徴と依存症の男性の見抜き方」

「性嗜好障害(性依存症)とは?」
「性依存症を克服するための12ステップをチェック」
「セックス依存症は心の病!X-ファイルの俳優も治療したその病気とは?」


続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

秋元康の新曲の歌詞の記事

6月8日の朝日新聞で、秋元康氏の作詞したHKT48の新曲
「アインシュタインよりディアナ・アグロン」の
歌詞について
記事になっています。

曲が出てから2か月近く経っていて、かなり遅れていますが、
それでも大手メディアで記事になったことは、よかったと思います。

「HKT48の新曲が物議 女の子「頭からっぽでいい」?」
(はてなブックマーク)

「♪女の子は頭からっぽでいい...んですか?」(1/2)(全文)
「♪女の子は頭からっぽでいい...んですか?」(2/2)(全文)


続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:17| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

女は数学が苦手という偏見

メインブログの6月8日エントリで、女子生徒が理系に進まない、
もしくは文系に進むのはなぜなのか、という記事を見たのでした。

「女性が将来職業生活を続ける見込みよりも
結婚生活への期待が大きい」と、女子が理系に進むことに対して
教育投資することが不利になるというものでした。

「秋元康さん作詞のHKT48の楽曲が女性蔑視だと炎上中だが、
リケジョを増やすために考えるべきこと。」

(はてなブックマーク)

この記事の中でも例によって「女性は数学が苦手」と
さんざん言われた、もしくは言われるというお話が出てきます。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:39| Comment(2) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

性暴力の被害者の特徴


性暴力の被害者の特徴について簡単に示しておきます。
どんな人が性暴力の被害者になりやすいかということです。

簡単に言うと
1. 被害者が性的な服装で挑発したのではない
(挑発的な服装が原因であることは比較的少数)
2. 若い女性とか外見的魅力がある人だけが、被害者となりうるのではない
(あらゆる年齢層、そして男性も被害者になる可能性がある)
3. 被害者に選ばれやすいのは、おとなしく抵抗しなさそうな人
という特徴があります。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 15:15| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする