2017年09月24日

フェミニストvs弱者男性の図式

9月23日エントリの続き。

「高収入女性は金のない男性を養え」と主張する
「弱者男性」の描く「フェミニストvs弱者男性」という図式が
そもそも成り立っていないという指摘です。

「なぜ「弱者男性」の敵が「フェミニスト」なのか」

続きを読む


posted by たんぽぽ at 19:49| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

未婚率が高い高収入男性

メインブログの9月22日エントリで、
「高収入女性は金のない男性を養え」という
「弱者男性」の主張の非現実性や差別性について
取り上げたエントリを見ています。

「なぜ「弱者男性」の敵が「フェミニスト」なのか」

金のある男性が金のない女性を必ず養っているとは
かぎらない、という指摘がここにあります。
成功した男性が好みで無いオバサンを
引き受けているわけではありませんから、
立場を逆転させた例としても成立していません。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 18:11| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

理工系専攻の女子の割合

大学や高等教育機関で理工系に進む女子の割合を、
OECD加盟国で比較した図があります。
出典はOECD「Education at a Glance 2017」です。

横軸に理学、縦軸に工学を取っています。
どちらの女子の割合も日本は調査対象国中最低で、
プロットは他国から孤立しています。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:32| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

10代の劣等感のジェンダー差

10代の男女に対して「自分は役に立たないと強く感じる」と
答えた子の割合の国際比較です。
出典は内閣府の『わが国と諸外国の若者の意識に関する調査』
(2013年)です。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 09:10| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

年齢3歳階級別こどもの数

メインブログの9月4日エントリで、総務省が子どもの日に
発表している子どもの人数の調査について見てきました。

「I-1 こどもの数は1571万人、36年連続の減少」

年齢を3歳ごとに区切って人数を示した図があります。
これを見てみたいと思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:34| 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

家族思想はやはり信仰だった

長尾たかしは民主党時代から、選択的夫婦別姓や
婚外子の相続差別撤廃の反対派でした。

2010年に民主党が民法改正法案を提出しそうになると、
こんな反対のエントリを書いていました。

「選択的夫婦別姓を含む法案の概要が提出されてしまった・・・しかし、まだやれることはあるっ!」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 14:39| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

同じ共同体に属している?

たまごどんは「性的メディアや性産業の利用は
性暴力の抑制に役立つ」と主張しているのですが、
それには条件があるらしく「相手が同じ共同体に属して、
同じ人間とみなしている」必要があるとも主張しています。

スウェーデンの移民やインドの性暴力の場合は、
加害男性が被害女性を「同じ共同体に属していると
みなさない」ので、性的メディアや性暴力の利用で
減らせないのだそうです。

「スウェーデンの性犯罪」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 06:43| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

数字の根拠がわからない

たまごどんは「性的メディアや性産業の利用によって、
性暴力を防ぐことができる」と主張しているのでした。

ところが日本軍の従軍慰安婦に関しては、
「現実には慰安婦の人数が少なかったので、
性暴力の抑制にいたらなかった」とも主張しています。

「スウェーデンの性犯罪」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 06:33| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

結婚退職の割合・国際比較

就業経験のある無業女性の
「仕事を辞めたおもな理由」についての国際比較です。
出典は「International Social Survey Program:
Work Orientations IV - ISSP 2015」です。



続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:46| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

子どもの家事のジェンダー差

子どもが家事をしているかどか、その実施率の長さです。
出典は総務省『社会生活基本調査』(2011年)です。

平日、土曜、日曜とわけ、さらに年代も
小学生、中学生、高校生とわけています。
どのカテゴリも「女子>男子」となっています。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:05| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

既婚男性の有利が理解できない

結婚改姓の圧力負担が理解できない「もも281」は、
日本の雇用環境や賃金体系は、妻が専業主婦の既婚男性に
もっとも有利であることも、理解できないみたいです。

いまから2年半ほど前に絡んできました。
そのときのツイートをストーリファイにしました。

「妻が専業主婦の既婚男性の有利さが理解できない人に絡まれた」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 10:13| Comment(2) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

性産業利用者の「力の誇示」

メインブログの8月6日エントリで、性産業を利用する客のうち
人間性や人権意識がまともでない人たちは、
漫画やアダルトビデオに悪影響を受けて、
危険で不快なプレイを要求するという、現役風俗嬢のお話をしました。

「「「漫画やAVの影響は確実にある」現役風俗嬢が語る「フィクションに影響を受けてるお客」の実体験」」

そうした問題含みの客は、おそらく風俗嬢を相手に
「力の誇示」をしたいのではないかと考えられます。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:20| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

学歴社会よりジェンダー社会

40代前半のかたたちの最終学歴とジェンダー別に
労働時間と年収、そして労働者の人数を表した図があります。
これを見てみたいと思います。
出典は厚生労働省の『賃金構造基本統計』(2016年)です。



続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:05| Comment(2) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

東京都議会セクハラ野次

東京都議会のセクハラ野次に関するエントリを
まとめたストーリファイを更新しました。

「2014年6月・東京都議会で起きたセクハラ野次について思ったこと」

塩村あやかさんのインタビュー記事について、
わたしが思ったことを書いたエントリと、
それ以降のエントリを追加しています。



posted by たんぽぽ at 22:42| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

フランスにいたから産めた

フランスの出産、育児支援は充実しているというお話。



続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

厳格主義と合意ある性交渉

「加害性の無いエロ」というのはなんでしょうか?
合意の上でのセックスなどの性的接触、性交渉と解釈します。

合意の上での性交渉や性的接触を行なうことが、
どうしてヴィクトリア朝の厳格主義なのかと思います。
合意にもとづいた性交渉は、ヴィクトリア朝の厳格主義とは
まったく正反対と言っていいくらいです。


(はてなブックマーク)

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

避妊を教えた教師がクビ

7月12日エントリでご紹介した、日本の性教育の
立ち遅れについての記事を見ると、性教育を教えた
教師がクビになるというお話が出ています。

「避妊を教えた教師がクビ なぜ日本の“性教育”は進まないのか?」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

なぜ日本の性教育は進まないか

メインブログの7月2日エントリでご紹介した、
日本の性教育の立ち遅れについての記事の2ページ目に、
スウェーデンの性教育について簡単に触れられています。

「避妊を教えた教師がクビ なぜ日本の“性教育”は進まないのか?」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170625-00010012-abema-soci&p=2
柚井さんは「スウェーデンではどうしてもらいたいのかを
ちゃんと言葉で言うことが大切だと教えます。
感情的な面を大切にするんですね。
中学校では模型でコンドームのつけ方を学びますし、
教えるときも男子と女子を分けません」と話し、
スウェーデンと比較し、日本の性教育が遅れていることを指摘した。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

東京都の男女共同参画議連

セクハラ野次の対処のために、5年ぶりに復活させた
東京都議会の「男女共同参画社会推進議員連盟」ですが、
とりわけひどいと思ったのは、再発防止のために開くと
言っていたセクハラの研修会を開いていないことです。

「セクハラやじの後に起きたことは何か。壮大にコケてわかった、東京都議会という「伏魔殿」」
騒動に無理やり幕引きをするために、超党派の議員による
「男女共同参画社会推進議員連盟」が約5年ぶりに再発足しました。
この議連には私も入っています。

(BuzzFeed News注:このときの議連会長が
「結婚したらどうだというのは僕だって言いますよ。平場では」
などと発言したため、さらに紛糾した)

議連は、再発防止のためセクハラについての研修会をするとし、
そう報道もされましたが、3年が経とうとする現在、
いまだに研修も勉強会も開かれていません。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

結婚しないのと平場なら言う?

2014年6月に起きたセクハラ野次の対処のために、
東京都議会は「男女共同参画社会推進議員連盟」を、
5年ぶりに復活させたのでした。

この議連の会長が「結婚したらどうだというのは
僕だって言いますよ。平場では」などと言ったので、
また騒ぎになったのでした。
以下に当時の記事をいくつかリンクします。

「都議会のヤジ問題 再発防止議連会長、自らの発言で陳謝」
「「結婚したらどうだと、平場なら僕だって言う」…カメラの前は『平場』なのか?」
「「『結婚したらどう』平場なら僕も言う」 男女参画議連会長」
「『結婚したらどうだ』という話でしょ。僕だって言いますよ、平場では。」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする