2022年11月22日

「恋愛で広い世界を失なう」とはなにか?

11月20日エントリの続き。

三春充希氏は「人は恋愛で子ども時代の
自由を失なう」と考えるのですが、
これはどういうことかと思うところです。

「遊びはどこへ」

続きを読む


posted by たんぽぽ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月20日

人は恋愛で子ども時代を損失する?

10月27日エントリの続き。

おとなになると子ども時代の自由や感性を
失なうという、三春充希氏の記事の続き。

「遊びはどこへ」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月24日

上の子が下の子を憎む理由がわからない?

10月23日エントリの続き。

「後藤文彦」氏も、子どもをふたり
持つようになるのですが、上の子が下の子を
いじめるのを見て、なぜ自分が子どものころ
姉がかくも意地悪だったのか、部分的ながら
理由がわかったみたいです。

「おねえちゃん」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月23日

下のきょうだいに愛情を持っていかれた

前のエントリの続き。

「後藤文彦」氏は、姉は自分に対して
意地悪だった、ということを書いています。

「おねえちゃん」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甘やかされて当然だった「末っ子長男」

前のエントリの続き。

「深淵な非もて」のサイトの
「後藤文彦」氏ですが、本人の書いたコンテンツ
(たとえばご自慢のこちらとか)から
判断すると、子ども時代の家族構成は
両親のほかは姉がひとりいるだけです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子ども時代の幸せは「コップの中の自由」

わたしが何度かブログで話題にしている、
「深淵な非もてのサイト」
「後藤文彦」氏ですが、自分の子ども時代は
至福の幸せにひたれた、と言っています。

「落どした場所 > 前書ぎ」


続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月18日

未婚率が上昇して困るのはだれか?

6月16日エントリの続き。

未婚率の上昇、婚姻件数の低下は、
問題があることのように語られる、
というお話の続き。

「婚姻数が戦後最低・未婚率が過去最高」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月16日

非婚者が増えることは問題か?

「たんぽぽのなみだ」ブログで、
婚姻数が戦後最低、未婚率が過去最高と
なったことをお話しています。

「婚姻数が過去最低・未婚率が過去最高」
「日本人の結婚への関心、依然高いが…男性25%・女性16%が「生涯未婚」」

ここでは「結婚しない人が
増えることは問題だ」ということを、
暗黙の前提にしていると思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月09日

悔しさはあふれていたかもしれない

4月8日エントリの続き。

「ミソジニー」を知らなかった
「吹奏楽ミッション」ですが、
自分の無知を指摘されて
どんな心境だったかと思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:48| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月08日

必要ないから知らないと開き直る

4月7日エントリの続き。

「ミソジニー」が「三十路」だと
言っている「吹奏楽ミッション」は
衝撃的レベルだと思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:17| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月07日

ミソジニーを知らないミソジニー

「ミソジニー」ということばを知らない
選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)です。

しかも「ミソジニー」を「三十路」の
ことだと思っています。
これは衝撃的レベルで「痛い」と思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:42| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月08日

典型的な日本人男性との会話が苦痛

外国に滞在の日本人のかたですが、
現地にいる日本企業の駐在員さんと
会話をするのが負担だと言っています。

ツイートの様子だと、このかたは
現地の男性のかたの話題には、
付き合うことができるようです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:18| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月09日

薬害説は「性の乱れ」の隠れ蓑

12月7日エントリの続き。

「自民党の『保守派』は以前から
子宮頸がんワクチンに反対していた。
それゆえマスコミが薬害説を主張しても
だまって見ていた」という指摘です。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:31| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月07日

反ワクチンと反性教育に共通の背景思想

12月4日エントリの続き。

子宮頸がんワクチンの接種再開に
「性の乱れ」と言って反対する
自民党内の「保守的なグループ」は、
かつて性教育をバッシングした
グループと重なっているのではないか、
という指摘があります。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:51| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月04日

反男女平等に内部批判のない自民党

12月2日エントリの続き。

子宮頸がんワクチン接種再開に関する
東京新聞の記事ブックマークには、
「性の乱れ」でワクチンに反対する
自民党や「保守派」を批判する
コメントもそれなりにあります。

つぎのブックマークは、そうした自民党に
批判的なコメントのひとつです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:53| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月29日

歓楽街の衰退・創作の目的はなにか?

11月27日エントリの続き。

温泉地の歓楽街を「いかがわしいものは
よくない」と批判した市長がいた、
という「創作」をするのは、
なにが目的かという問題があります。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:41| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月27日

歓楽街を批判した市長はいたか?

「たんぽぽのなみだ」ブログで、
昭和時代の温泉地の男性向け歓楽街が
さびれたのは、バブル崩壊で
不況になって客層が変わったからという
指摘をするツイートをしめしました。

このツイートで、かかる温泉街の
歓楽街について、「いかがわしいのは
よくない」と言った首長などいなかった、
という指摘があります。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:15| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月24日

反フェミ・ミソジニーのほうが反社会的

「ツイフェミ(ツイッターのフェミニスト)は
反社(反社会的勢力)だ」などと
言っているツイートがあります。
しかも「えせ同和の手口」と同じ
手口を「ツイフェミ」は使うそうです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:37| Comment(2) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月29日

依存と搾取のための「家族のキズナ」

「家族のキズナ」が大事と言っている人たちは、
お世話をしてもらって他人の人生を
吸い取っているのではないか?と
考えるかたがいらっしゃります。

その想像は当たっているのではないかと思います。
わたしも同様のことを思っています。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:54| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月04日

女性の怨念の対象は個人に向かう?

8月26日エントリの続き。

男性は怨念の対象が一般化や抽象化をする
傾向が強いのではないかと考える
ツイートをご紹介しました。

このかたは女性の怨念の対象は
どうなのかというと、特定の個人に
向かうことが多いと考えています。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 20:24| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする