2024年05月22日

男が結婚できると思うかを訊けばいい

結婚改姓したくないので、6年間交際を
続けた彼氏とわかれることになった女性に
インタビューする動画があります。

そしてなにを思ったか、「この女性は今後
結婚できると思うか、思わないか?」なんて
お尋ねするツイートがあります。

 

女性の決断に関しても思うことは
いろいろありますが、ひとまずおいておきます。


わたしが思ったのは相手の男性のことです。
自分は改姓せず、相手の女性(動画の女性)が
改姓して夫婦同姓になることに
こだわったことが想像されます。

相手の男性は「相手の女性に望まない
改姓をさせようとして、6年交際した
女性と破局した男さん」です。
この「男さん」が今後結婚できるかどうかを
お尋ねしてはどうかと思います。

結婚改姓について相手の男性の考えを
探ることを指南するかたもいます。
「女性が改姓しないことに批判的な男性は
かなり危険」と考える女性も多いです。

「彼から結婚改姓の考えを聞く方法」
「彼女に改姓させたい彼の考え」


なので相手の女性に望まない
改姓をさせようとする男性は、
本当に女性から遠ざけられて結婚できない
可能性も結構あると思います。
心配する必要があると思います。


女性が結婚できるかどうかを訊いている
ツイートの人にも、相手の男性が結婚できるかどうかを
訊いたらいいと伝えてはおきましたが。




posted by たんぽぽ at 22:16| Comment(13) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
個人的には名字を変えてもいい男性はいるだろうから結婚できるかなと思います。(自分が変えたからそう思っているだけかもしれません)

彼女の「今まで自分が30年間も生きてきた中で使ってきた名字だし、気に入ってる名字だから変えたくない」と言う気持ちはよくわかります。

僕も妻も同じような考えを持っていました。非共存派はアホだから、選択的夫婦別姓希望者の双方が「今まで自分生きてきた中で使ってきた名字だし、気に入ってる名字だから変えたくない」と思っているだけなことに気付いていませんね。
むしろお互いが名字を変えないから揉めようがないんですよね。決して結論の先延ばしではありません。
「相手の女性に望まない改姓をさせようとして、6年交際した女性と破局した男さん」は現行法上では絶対に自分が変えないポリシーを持っているとは思いますが、選択的夫婦別姓制度が導入されたら自分が変えない限り妻の名字にはこだわりのない人間かもしれません。
Posted by あいうえお at 2024年05月22日 22:33
こんなツイートしている激バズが結婚できそうにないですね。既婚者の非共存派が結婚できたのは謎です。
Posted by イト at 2024年05月23日 10:57
そもそも他人が結婚できるか審査できる立場ではないはずだと思います。
Posted by あいうえお at 2024年05月24日 16:00
あいうえおさん
コメントありがとうございます。

動画の女性は結婚できるだろうと、わたしも思います。
生来の苗字を変えたくない気持ちを
理解する男性は、かならずいるはずです。


>彼女の「今まで自分が30年間も生きてきた中で使ってきた名字
>非共存派はアホだから

生来の苗字を変えたくないという気持ちを、
反対派(非共存派)は絶対に理解しないですね。

反対派(非共存派)の男性は、
自分の妻が生来の苗字に戻すのが嫌なので、
「生来の苗字を変えたくない気持ち」なんて
むしろ否定する必要があるのでしょう。


>6年交際した女性と破局した男さん」

「男さん」はくわしい情報がないので、
なんとも言えないですね。

ねがわくば、生来の苗字を変えたくない
女性もいるということを、
理解されたいとは思いますが。


>他人が結婚できるか審査できる立場ではない

あの連中は「結婚改姓したくない女なんて
結婚できない」「どうせ女は結婚したくて
いやでも改姓するに決まっている」と、
たかをくくっているのだと思います。

それで結婚改姓したくなくて
交際相手とわかれた女性を、見下したような
ものいいをするのだと思います。
Posted by たんぽぽ at 2024年05月27日 22:58
イトさん
コメントありがとうございます。

>こんなツイートしている激バズ

このアカウントは苗字以外でも、
女性をあげつらってばかりいますね。

そんな「ミソジニーっ気」のある男たちこそ、
結婚できなくなる心配をしたほうが
いいというものです。


>既婚者の非共存派が結婚できたのは

夫婦同姓が強制される現状では、
女性が望まなくても改姓を押し付けて、
男性の苗字で夫婦同姓にする余地はある、
ということだと思います。
Posted by たんぽぽ at 2024年05月27日 22:59
自分も名字を変えないことに妥協しなかったら32歳まで結婚できずに別れていたかもしれないから他人事ではないと思います。
Posted by イト at 2024年06月01日 11:23
そのように「他山の石」となさることが
できるのは、とても大事だと思います。

「自分もそうなったかもしれない」のような
想像力がぜんぜん働かない人も、
残念ながらたくさんいるからです。
Posted by たんぽぽ at 2024年06月04日 23:11
1年も経てば男の方が折れると考えるのは僕だけでしょうか?
Posted by イト at 2024年06月09日 20:31
僕の場合はすんなり改姓を認めましたが、大多数の男性はどうだかわかりません。
Posted by あいうえお at 2024年06月12日 22:02
イトさん

男性が折れるだろうと考えるかたは、
あまり多くないかもしれないです。

女性が折れる(なんらかの妥協をする)
可能性があると考えるかたのほうが
多いと思います。
Posted by たんぽぽ at 2024年06月15日 21:43
あいうえおさん

おおかたの男性は改姓しないと思います。

破局になるか、結局女性が改姓することに
なるかの、どちらかの可能性が高いと思います。
Posted by たんぽぽ at 2024年06月15日 21:43
自分が1年粘った挙げ句最終的に折れたからかもしれません。
Posted by イト at 2024年06月15日 22:11
そこで男性が折れるというのは、
残念ながら(?)特例ではないかと思います。
Posted by たんぽぽ at 2024年06月22日 13:58
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック