2024年04月05日

非改姓結婚に「お許し」は必要ない

4月2日エントリの続き。

初音みくアイコンの反対派(非共存派)は、
さらにわけのわからないことを言ってきました。

今度は「夫婦別姓の選択とは、
女性が改姓しないことを男性にお許し
いただくことだ」などと言っています。

 


夫婦別姓を選択する一般的なかたは、
「ふたりとも改姓しないで結婚したい」
というかたであり、おたがいの苗字に
対する気持ちを理解しあっています。

なので女性も非改姓結婚するのが
とうぜんであり、相手の男性に
「お許しいただく」ことではないです。


「お許しいただく」可能性が出てくるとしたら、
相手の男性が「妻が望まなくても
改姓させて自分の苗字で夫婦同姓にしたい」
というケースだと思います。

それは初音みくアイコンの人が、
「夫婦別姓の選択は夫婦別姓の強制だ」と
不可解なことを言うから、選択が強制になる人が
いるとしたら、そのような男性だ
というお話を、わたしはしたまでです。

「選択が強制になる人がいるとしたら」

わたしは特定のタイプの男性の
お話をしているのに、初音みくアイコンの人が
男性一般のお話であるかのように
考えるのはどういうことかと思います。


posted by たんぽぽ at 22:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この人女性のはずなのになぜかオッサンの立場で発言してますね。もし僕の結婚時に選択的夫婦別姓が導入されていたらお互いに誰の許可なく別姓婚できたのにと思います。
彼女の理屈だと選択的夫婦別姓が導入させた場合には男性にも女性の許可が必要だと思います。なぜ許可権が男性にしかないのかと思います。
Posted by 改姓した男の人 at 2024年04月06日 01:12
>この人女性のはずなのになぜかオッサンの立場で

中高年男性にこびを売って迎合することで、
利益を得ているタイプかもしれないです。

ある種の女性にときどき見られるタイプで、
男社会の中で生きていく際、
「おじさん」たちから有利に扱われることが
それなりにあることがあります。


>なぜ許可権が男性にしかないのかと

「夫婦同姓にしたいが、自分は改姓したくないから、
結婚相手が望まなくても改姓させる」
という人が、もっぱら男性だからだと思います。

ルビーおねえさまは「たんぽぽの理屈によると」
なんて言っているけれど、みょうな
責任転嫁はしないでほしいところです。
Posted by たんぽぽ at 2024年04月13日 19:56
実はオッサンであり、女性であることを騙っている説
Posted by イト at 2024年04月14日 10:31
やはりそう思うかたもいるようですね。

女性だとするとちょっと不自然なところも
なきにしもあらずだし、性別の詐称を
疑うかたがいても、無理もないかもしれないです。
Posted by たんぽぽ at 2024年04月15日 21:47
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック