2024年02月23日

繰り返される反対派の差別的デマ

選択的夫婦別姓に関する醜悪なデマです。
レイシズムと結びついた差別的内容です。

 

この反対派(非共存派)のデマ画像は、
ツイッターではときどき見かけるものです。
何度も見ていて「またか」と思うかたも
いらっしゃると思います。

出てくるたびに反論されるのですが、
しばらくすると性懲りもなく、
同じ画像をツイートしてくる、ということです。



最初の醜悪な差別ツイートは、
選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)の
「世論対策」だろうと思います。

経団連が選択的夫婦別姓の実現
要求したことで、ふたたび話題に
なってきたからだと思います。
いつものデマをまた流して
対抗しようというものと思います。

「選択的夫婦別姓・経団連が政府に要望」

反対派(非共存派)の常套手段である
「物量作戦」のうちだと思います。
内容ではなく数にものを言わせることが
大事なので、いくら反証されても
執拗に同じ投稿を繰り返すことになります。


ばかげているし何度も出てくるので、
あきれているかたも多いと思います。
それでも放置すると真に受ける人が
出てきて悪影響をおよぼすことになります。

リテラシーの維持のためにも
地道に対処することになります。
ばかばかしいとかめんどうとか思って
野放しにしたら、反対派(非共存派)の
「思うつぼ」になると思います。


付記:

最初のデマ・差別ツイートは通報した
ほかにも通報したかたは
たくさんいらっしゃると思います


posted by たんぽぽ at 13:19| Comment(8) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
話が飛躍しているから反論も難しいです。
Posted by 改姓した男の人 at 2024年02月23日 21:54
最近観た動画で夫婦別姓論に納得できるものがありました。
「お墓を守りたい」
子供が多くて当たり前の時代は、その件については「お兄さん、お願い」で済んでいた。
でもひとりっ子が多くなっているので時代が違う、と。
もちろん姓が変わってもお墓は守れるが、やはり精神的に違和感がある。
選択的夫婦別姓希望者には、そのような伝統的、家的な「超保守」もいるのだということですね。
Posted by ネル at 2024年02月24日 02:05
改姓した男の人さん、
コメントありがとうございます。

もちろん人によって苦手な問題も
あるでしょうから、よくわからないことは
無理して反論しないほうがよいと思います。

さいわいにして、こういうのは
よくわかっている、というかたもいるので、
そうしたかたが必要な反論をなさるでしょう。
Posted by たんぽぽ at 2024年02月26日 22:15
本気でこれを信じてる人はいるのかなと思います。
Posted by イト at 2024年02月27日 00:47
近い将来昇天しそうな人の妄想ですね
Posted by イト at 2024年02月27日 16:00
イトさん、
コメントありがとうございます。

信じている人もいると思います。
ご紹介のツイートも、好意的に言及や
拡散をする人が、それなりにいます。

デマだと承知で言及や拡散をしている
可能性も考えられますが。


>近い将来昇天しそうな人の妄想

...(笑)

カルト教団の集会に来るような人たちだと、
本当に近い将来昇天しそうな人たちが
多いかもしれないです。

ツイッター廃人と化した人たちの中には、
さきが長くても信じている人も
いるかもしれないです。
Posted by たんぽぽ at 2024年02月28日 22:49
バカバカしいと思ってしまいました
Posted by イト at 2024年02月28日 23:47
イトさん、
またコメントありがとうございます。

ばかばかしいんだけど、
信者を獲得することはあるので、
嫌になってしまいます。

組織的にやっている可能性もあります。
どこかの宗教団体の信者や関係者が
「世論形成」のためにいそしんで
いることは考えられます。


選挙で共産党が伸びそうだとなると、
国際勝共連合が反共のびらを
ポスティングすることがあるけれど、
それと似たものを感じています。
Posted by たんぽぽ at 2024年03月01日 22:06
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック