2024年01月07日

夫婦別姓を強制する推進派はいなかった

1月3日エントリの続き。

「強制的夫婦別姓」などと言っている、
選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)は、
今度は「選択的夫婦別姓が強制ではなく、
それを推奨する人たちが強制する」と
言ってきました。

 

最初のツイートの様子だと、
選択的夫婦別姓の制度自体が強制だと
言っているように思ったのですが、
それはひとまず置いておきます。

「選択制が強制的となる精神構造」


この反対派(非共存派)はツイートに
スクリーンショットを4枚貼っています。
そこに出ている選択的夫婦別姓を
求めるかたたちが、強制すると言いたいの
だろうと、最初わたしは思いました。

そう思って、4枚のスクリーンショットを
見てみたのですが、なにか違うようです。


1枚目のかたは、選択的夫婦別姓が
実現していれば、夫婦別姓を選択することを
考えていただろう、という指摘です。



2枚目のかたは、選択的夫婦別姓を
認められない人は、こういう人だろうという推測です。
具体的には「家制度で妻をしばらないと、
家族を維持できない男性」です。



3枚目のかたは、結婚改姓したくないことが
本質であって、夫婦別姓や夫婦別姓に
なるのは結果論だという指摘です。



4枚目のかたは、選択的夫婦別姓の導入は
時代の帰趨であり、反対するのは
時代の変化の拒絶だ、という指摘です。




かくして夫婦別姓の強制をしているかたは、
スクリーンショットの中には
いないことがわかります。

「選択的夫婦別姓の推進派が夫婦別姓を
強制する」などと言い出すから、
生来の苗字に戻したい既婚女性を推進派が
支持や支援をするお話でもあるのかと、
わたしは最初思いました。

「選択制が強制的となる精神構造」

実際に見てみたら、全部違っていました
最初の反対派(非共存派)は、
だれも言っていないことを言ったと思わせる
「印象操作」をしようというのでしょう。


スクリーンショットを読まずに、
「推進派が夫婦別姓を強制する」という
ツイートだけ読んで信用する人が
出てくることを期待しているのでしょうか?

スクリーンショットを4枚も貼れば、
文字数は多くなるし、サイズも小さくなります。
そんなものをいちいち読む人はいないと
高をくくってのことかもしれないです。


posted by たんぽぽ at 14:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そもそも強制する人はいなかったという話ですね。
Posted by 改姓した男の人 at 2024年01月07日 18:16
3枚目の人のおっしゃる通りですね。例えが上品とは言えませんが。
Posted by あいうえお at 2024年01月09日 16:58
改姓した男の人さん、
コメントありがとうございます。

スクリーンショットの選択的夫婦別姓を
求めるかたたちは、だれも夫婦別姓を
強制するかたではないのは、あきらかですね。

まわりの人たちも、選択的夫婦別姓を
強制と考える人はいないようですし、
問題の反対派(非共存派)は
どこを見て「強制的夫婦別姓」などと
言っているのかと思います。
http://pissenlit16.seesaa.net/article/501917786.html
Posted by たんぽぽ at 2024年01月11日 22:24
あいうえおさん、
コメントありがとうございます。

>3枚目の人のおっしゃる通りですね。

まったくご指摘の通りだと思います。
「たとえが上品でない」まで含めて。(笑)
Posted by たんぽぽ at 2024年01月11日 22:25
賛成派は重視するのは「自分が名字変えなければよい。」ということを非共存派は理解しようとしないから彼らの理論は意味不明になってますね。
Posted by あいうえお at 2024年01月15日 16:21
またまたコメントありがとうございます。

>賛成派は重視するのは「自分が名字変えなければよい

それは何度も繰り返しているのですが、
反対派(非共存派)はいっこうに
理解できないみたいです。

いつまでたっても、「夫婦同姓にしたいか、
夫婦別姓にしたいか」の問題だと、
彼ら反対派(非共存派)は信じています。
Posted by たんぽぽ at 2024年01月16日 21:28
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック