2024年01月01日

情報開示命令が出た選択的夫婦別姓反対派

「海乱鬼」という人物が、堀口英利氏を
誹謗中傷したことで、東京地方裁判所から
発信者情報開示命令がツイッター(X)に
くだりました。

「「海乱鬼」と称するTwitterアカウント(@nipponkairagi)に
係る発信者情報開示命令の決定に関するお知らせ 」


 
このたび、特定電気通信役務提供者の
損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する
法律(プロバイダ責任制限法)第5条第1項の
規定に基づき、X Corp.(旧: Twitter, Inc.)を
相手方とする発信者情報開示命令を
東京地方裁判所に申し立てたところ、
決定が発令されました。

これらの法的措置において、「海乱鬼」と
称するX(旧: Twitter)アカウント
(アカウント名: @nipponkairagi)につき、
発信者情報開示が認容されましたので、
お知らせいたします。
2022年1月より、Twitterにおいて
「海乱鬼」と称するTwitterアカウント
(以下「当該アカウント」とする)より、
当方に対する人格攻撃を企図しているとみられる
投稿記事が繰り返し書き込まれ、
当方の名誉権ないし名誉感情が侵害された。
当該アカウントおよびその管理者は
Twitterにおいて約18.4万名のフォロワーを
有する「インフルエンサー」である。
また、当該アカウントは、いわゆる「ネット右翼(ネトウヨ)」
というだけでなく、政治的に過激な発言を
繰り返すことでも知られている。


「海乱鬼」は選択的夫婦別姓の
反対派(非共存派)でもあります。
想像以上にやばい人だったようです。

選択的夫婦別姓を求めるかたたちの
中にも、「海乱鬼」とツイッターで
直接議論になったかたもいます。
そこで選択的夫婦別姓の問題にかかわる
かたへの、注意喚起がなされました。


「海乱鬼」は「三善重信」という
アカウント名に変えたとあります。
この「三善重信 @miyoshigenobu」という
アカウントは、すでになくなっています。

すぐに削除したのか、またアカウント名を
変えたのかは、わからないです。


「海乱鬼」は「選択的夫婦別姓の反対に
理由などいらない、いらないものは
いらないのだ」と言ってのけた人物です。
なかなか「政治的に過激な発言」だと思います(笑)

「他人の夫婦別姓で自分の不利益はなかった」




「海乱鬼」は「選択的夫婦別姓が
実現したら、夫婦別姓を選択する人たちが
爆発的に増える」とも言っていました。

それなら選択的夫婦別姓はそれだけ必要と
するかたが多いので、早急に導入の必要がある、
ということにほかならないです。

「選択的夫婦別姓・潜在的な希望は多い?」




posted by たんぽぽ at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック