2023年12月30日

強制と思う人はまわりにいませんよ?

12月29日エントリの続き。

「選択的夫婦別姓は強制的夫婦別姓」と
言っている反対派(非共存派)の続き。

この反対派(非共存派)に
「強制的と考えるのは、妻が望まなくても
改姓させて自分の苗字で夫婦同姓が
いい男性だ」と、わたしは
ツイッターでもお話しました。

 


この反対派(非共存派)は、
「なぜ男性限定なのか?自分のまわりには
男性で改姓した人が多いので、
違和感しかない」と言ってきました。



男性で改姓したかたは、選択的夫婦別姓を
「強制的夫婦別姓」とは考えないと思います。

その男性が望んで改姓したのなら、
選択的夫婦別姓が導入されても、
自分はそのままでなにも変わらないです。
強制されるものはないです。

その男性が改姓に不満や問題が
あるなら、選択的夫婦別姓が
導入されたことで、自分が取れる
選択肢ができたと考えるでしょう。
やはり強制とは考えないです。


この反対派(非共存派)は、
「自分のまわりには、相手と同じ苗字に
なりたい人は多いが、改姓したくない人は
少ない」とも言っています。


相手の苗字に改姓したいかたなら、
やはり「強制的」とは考えないでしょう。
選択的夫婦別姓が実現しても、
自分が改姓して相手と夫婦同姓になることは
問題なく可能だからです。


この反対派(非共存派)のまわりは、
選択的夫婦別姓を「強制的夫婦別姓」と
考える人はだれもいないことになります。

そうなるとこの反対派(非共存派)は
だれを見て「強制的夫婦別姓」などと
言っているのかと思います。

「強制的夫婦別姓」と息巻いているのは、
この反対派(非共存派)ひとりで
あることはたしかそうです。




posted by たんぽぽ at 17:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
選択的と強制的の区別がついてませんね。もしかしたら意図的に混同しているのでしょうか。
Posted by 改姓した男の人 at 2023年12月30日 22:47
改姓したくない気持ちは「なごみ」には言わないですから、「なごみ」の周りには改姓したい人しかいないと感じるのですね。
Posted by 改姓した男の人 at 2023年12月30日 23:34
ですから、「女性差別」ということなら強制的に国が介入して改姓を男女半々にするか、別姓を強制するしかないですよね。

日本は国連女性差別撤廃委員会から勧告されているということを主張する人もいますが、それは別姓の選択導入だけでは無理ですよ。
多くの国で改姓は女性側に大きく偏っているわけですから。
別姓の選択ができないのが問題だというなら女性差別撤廃委員会の出る幕ではないと思いますけど。
Posted by ネル at 2023年12月30日 23:39
僕は改姓に不満がありましたが、選択的夫婦別姓が導入されても一切不服はありません。他の改姓を選んだ男性も同じだと思います。 
Posted by 改姓した男の人 at 2023年12月30日 23:44
今までの人生で選択的夫婦別姓を強制的夫婦別姓と考えたことありませんでした。
Posted by 改姓した男の人 at 2023年12月30日 23:48
改姓した男の人さま

>選択的と強制的の区別がついてませんね

反対派(非共存派)は、選択的夫婦別姓の
「選択的」をはぶくことが多いです。
http://taraxacum.seesaa.net/article/474251724.html
http://taraxacum.seesaa.net/article/486181664.html

彼ら反対派(非共存派)は意図的に
混同させている可能性はあるでしょう。


>改姓したくない気持ちは「なごみ」には言わないですから

それはわたしも思っています。
反対派(非共存派)に改姓したくない
気持ちが知れたら、どんなこころないことを
されるかわからないですからね。

なのになぜか反対派(非共存派)は、
自分は改姓したくない気持ちを
打ち明けてもらえると思っているようです。


>選択的夫婦別姓が導入されても一切不服はありません

>選択的夫婦別姓を強制的夫婦別姓と考えたことありません

それが一般的な考えかただと思います。
とくに改姓したかたは、選択的夫婦別姓を
強制と考えることはないでしょう。
現在の民法こそ、望まない改姓を
させられて強制と考えると思います。
Posted by たんぽぽ at 2024年01月01日 11:50
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック