2023年12月02日

選択的夫婦別姓と同性婚・反対派の重なり

11月25日エントリの続き。

「家族のありかたを変質」発言の
選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)の続き。

わたしはむしろ、選択的夫婦別姓に
反対する人と、同性結婚に反対する人が
重なっていることを問題にしたいです。

 


選択的夫婦別姓反対と、同性結婚反対は、
どちらもおなじ因襲・反動的な
家族イデオロギーから発しています。
それゆえ両方の反対派(非共存派)が
重なるのは必然性があります。

因襲・反動的な家族イデオロギーを
強力に支援、推進するのが、統一教会、
神道政治連盟、日本会議といった宗教団体です。

「選択的夫婦別姓・カルトの標的」
「宗教団体が増幅する保守・右派の主張」
「選択的夫婦別姓反対の背景に宗教団体」
「選択的夫婦別姓の反対派こそカルト」



このような宗教団体の信者や関係者が
選択的夫婦別姓と同性結婚の両方に
反対するので、両方の反対派(非共存派)が
重なるということはあるでしょう。


最初のツイートの反対派(非共存派)は、
「あれは言わない」「これは問題でない」と
いろいろと言っていますが、
「宗教団体」は出てこないようです。

この反対派(非共存派)が変質させては
ならないという「家族のありかた」は、
宗教団体の家族イデオロギー
ということになるのでしょうか?


posted by たんぽぽ at 14:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
海外のスポーツ選手で成功したときに十字を切る人がいます。
キリスト教ですがカトリックですね。
プロテスタントは十字切らないので。

中には、そんな極端に入れ墨彫った人物が十字切るなんて信仰心あるのか?と先入観で思うこともありますが。

強引に結びつけると、入れ墨がどうのとか十字切ろうが切るまいがキリスト教への信仰に変わりはない。
夫婦同姓も別姓も夫婦愛に変わりなく、家族の絆にも変わりないということでしょうか。
それとも、いやいや夫婦愛とか家族の絆なんてものに吐き気がするんだよということでしょうか。

後者の場合、政治、カネ、パフォーマンスのために信仰を装うのと似ており違和感や不快が生じるのですが。
Posted by ネル at 2023年12月03日 00:17
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック