2023年11月23日

アカウントがふたつあった反対派

選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)の
「正論」のツイートを閲覧しようとしたら、
アカウントが存在しないと言われました。

「正論」は「望まない改姓などと抜かすな、
ふざけるな」といきりたった
あの反対派(非共存派)です。


 


「正論」のツイッター・アカウントは、
凍結したのでしょうか?

「正論」は人を確証もなく嘘をついていると
言っているので、通報したかたも
たくさんいたようです。



上のツイートは、「正論」のツイートに
リンクしているところを見ると、
「削除されたアカウント」とあります。
アカウントが凍結したのではなく、
「正論」は自分からアカウントを
削除したのでしょうか?

「正論」に批判が殺到したことは
たしかなので、危険を察知して、
自分から姿を消したことは考えられます。

上のツイートからリンクされている
「詳細はこちら」を見ると、
ツイートが表示されない理由についての
解説のページが出てきます。
見たところ、「正論」のアカウントは
やはり凍結したように思います。

「X上の警告とその意味」


いろいろと考えていると、
「正論」のツイッター・アカウントが
健在であることに気がつきました。


これはいったいどういうことなのか、
いよいよわたしはわからなくなりました。
「正論」のアカウントが削除されているのも、
わたしは確認しているからです。


どうやら「正論」は同じ名前とアイコンの
ツイッター・アカウントを
ふたつ作っていたみたいです。

「嘘つき」発言をしたのは、フォロワー数が
少ないアカウントで、こちらをみんなで通報したので、
凍結したのではないかと思われます。

もうひとつアカウントがあるから、
凍結したアカウントは、そのまま削除していいと
「正論」は思ったのかもしれないです。



謝辞:

「正論」のツイッター・アカウントの「謎」に
ついて解説してくださったぷぅ ぷぅさんは、
ありがとうございます。



posted by たんぽぽ at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック