2023年09月03日

攻撃的で嫌われる?どこがですか?

「妻は改姓したかった、選択的夫婦別姓に
反対する理由がない」という趣旨のことを、
「恩田昌紀」という反対派(非共存派)に、
わたしはお話をしていました。

「改姓したかった妻は旧姓に戻さない」

 


そこへ「ほづみん」というべつの
反対派(非共存派)が現れました。
「恩田昌紀」の援護に来たものと思います。


「ほづみん」は、わたしの絡みかたが
選択的夫婦別姓の推進派が嫌われる
要因になっている、などと言っています。
またわたしは、反対派(非共存派)に
対して攻撃的だとも言っています。

そうなると、わたしのツイートのどこが
「攻撃的」だったり、「嫌われる要因」に
なっていたりするのかと思うところです。


「ほづみん」は「そのような絡み方自体」と
言っているのですから、直上のわたしの
ツイートを念頭に置いていると思います。

そしてそこにあるわたしのツイートを見ても、
どれが「攻撃的」なのかわからないです。
相手を誹謗中傷することばは
入っていないのはたしかでしょう。

わたしは相手のツイートの内容に即した
リプライをしていると思います。
話題をそらしてとぼけたり、
論点をすり替えたりはしていないでしょう。

わたしはできるかぎり理由をしめして、
自分の考えを述べているだけだと思います。
わからないことがあれば、
率直にお尋ねしているだけだと思います。
ツイートの数も相手がへきえきするくらい
大量連投しているわけではないです。


あとはツイートの内容になります。
「恩田昌紀」は自分が改姓しても
よかったと言っていました
それなら、妻が万が一旧姓に戻しても、
自分が改姓して夫婦同姓になるだけです。

選択的夫婦別姓が導入されても、
夫婦別姓にする必要はないですから、
「恩田昌紀」は反対する必要がないです。

わたしの直上のツイートは、
どこもおかしなところはないでしょう。
この点でも攻撃性はないというものです。



「恩田昌紀」はわたしの上述の指摘は、
「論理が破綻している」と言っています。
どこもおかしくないのに
「論理が破綻している」と言われれば、
反論するのは当然です。


このような当然の反論を「攻撃的」とか
「嫌われる」と言われれば、もはや建設的な
議論はできなくなるというものです。


posted by たんぽぽ at 22:19| Comment(5) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
恩田の発言は反論できないバカの泣き言に聞こえます
Posted by 改姓した男の人 at 2023年09月03日 22:25
恩田には理解能力がないので説明しても無意味な気がします。つじつまが合わず倫理が破綻しているのは恩田の方だと思います。
Posted by あいうえお at 2023年09月04日 15:53
当たり前だけど、推進派は非共存派にしか嫌われてないですね。
Posted by あいうえお at 2023年09月08日 17:41
改姓した男の人さま
コメントありがとうございます。

「妻は改姓を望んで改姓したのなら、
選択的夫婦別姓を導入しても
なにも変わらないから、反対の必要がない」と
言われて、「恩田昌紀」は
よほど都合が悪かったのでしょう。

「恩田昌紀」のリプライは、
「湧いてこないで」「粘着するな」ただ
拒絶するか、上記のリンクした
ツイートのように、まったく関係ない
お話をするかのどちらかです。
Posted by たんぽぽ at 2023年09月09日 14:10
あいうえおさま、
コメントありがとうございます。

「妻は望んで改姓した」は、反対派(非共存派)が
選択的夫婦別姓に反対する「理屈」として
持ち出すことが多いものです。

その「理屈」が、反対する必要がない理由に
使われたので、「恩田昌紀」は
なにも言い返せなくなったものと思います。

そんな「恩田昌紀」を見て、「ほづみん」は
「助太刀」に来たものと思います。
それでも「恩田昌紀」を理屈で擁護する
余地はないので、「ほづみん」は
「印象操作」に走ったのでしょう。


>推進派は非共存派にしか嫌われてない

わたしもそう思います。

反対派(非共存派)は、推進派による
批判を妨害したくて、「みんなから
推進派は嫌われている」と、
印象操作しようというのでしょう。
Posted by たんぽぽ at 2023年09月09日 14:11
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック