2023年07月14日

Why won't you answer me?

7月13日エントリの続き。

選択的夫婦別姓を導入することで
影響のある他人はいると主張する
反対派(非共存派)が出てきたのでした。

 
そこまで自信たっぷりに存在を
主張するなら、具体的にどんな他人が
どのような影響を受けるのか、
具体的にお話してほしいものです。

わたしは問題の選択的夫婦別姓の
反対派(非共存派)に、ツイッターでも
より具体的なことをお尋ねしました。



問題の反対派(非共存派)は、
わたしにさらなる質問をしてきました。
わたしからお尋ねしたことには、
なぜか答えようとしないです。


この反対派(非共存派)はさらには、
わたしがさきに、自分からの追加の質問に
答えろとまで言ってきました。


さらに質問を重ねるのではなく、
まずわたしからのお尋ねに、この反対派
(非共存派)は答えてほしいものです。


この反対派(非共存派)は、選択的夫婦別姓の
導入で影響を受ける「他人」を、
わたしから言わせたいようです。
そんな「他人」の存在を示すいわれは
わたしにはないことです。

「根拠を示すのは存在を主張する側」
というのは実証的な議論の原則です。
選択的夫婦別姓で影響を受ける
他人はいると主張する、くだんの反対派
(非共存派)から、その存在を示すことです。


じつは、選択的夫婦別姓の導入で影響を
受ける他人を、この反対派(非共存派)は
示せないのでしょうか?

一般的なことや抽象的なことは
よく語りますが、少し具体的なことを
お尋ねすると、ろくに答えられなくなるのも、
選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)には
よくあることです。





posted by たんぽぽ at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
めんどくさいアホを相手するタンポポさんを尊敬します。僕は精神やられそうだからできません。
Posted by 改姓した男の人 at 2023年07月15日 22:11
改姓した男の人さま、
コメントありがとうございます。

>めんどくさいアホを相手する

ああ、いえいえ。
わたしは尊敬されるほど立派なことは、
していないですよ。

ツイッターではわたしのほかにも、
反対派(非共存派)の相手をしている
推進派のかたはたくさんいます。

わたしはその中の「おこぼれ」を
拾っているようなものです。


>僕は精神やられそうだから

選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)の相手は、
リソースの許すかぎりでよいと思います。

自分には手に負えないと思ったら、
無理に反対派(非共存派)の相手など
しなくても問題ないことです。

反対派(非共存派)の相手をすることで
メンタルを壊したら本末転倒です。
Posted by たんぽぽ at 2023年07月16日 22:53
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック