2023年05月27日

子どもの苗字も話していますが?

選択的夫婦別姓を求めるかたたちは、
子どもの苗字の話題に熱心なかたが少ない
などという反対派(非共存派)です。

 


そんなことはないと思います。
選択的夫婦別姓を求めるかたたちも
子どもの苗字について語ることは
たくさんあります。
たとえばこんなふうにです。

「夫婦別姓・子の名字でもめない理由」
「夫婦別姓反対派のブログ・子どもの苗字」

ひとつめのエントリは、夫婦別姓の
家庭が子どもの苗字でもめることが
ない理由についてのお話です。

ふたつめのエントリは、選択的夫婦別姓を
導入した場合の、子どもの苗字に
ついての法的な扱いです。


選択的夫婦別姓を求めるかたたちは
「子どもの苗字は話し合ったら
いいでしょ」ですませてもいないです。

つぎのように、事実婚、旧姓使用、
国際結婚で夫婦別姓の家庭の
子どもにヒアリングして、
問題が起きないことを調査しています。

「親が夫婦別姓・子どもの本音」
「子どもの気持ちを考えていますが?」


反対派(非共存派)こそなんの調査もせず、
なんの根拠もなく、自分の想像だけで、
「夫婦別姓だと子どもの苗字でもめる」と
繰り返しているだけ、というのが実態です。

事実や根拠にもとづかない自分の中の
想像にすぎないものを、呪文のように
繰り返しているだけの反対派(非共存派)こそ、
「子どもの苗字についてなにも
考えていない」というものです。


posted by たんぽぽ at 16:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
非共存派は、なぜ赤の他人の子供の名字にこだわるのか疑問です。
Posted by 改姓した男の人 at 2023年05月28日 01:18
僕は子供が何姓だろうが愛することできますが非共存派は違うんですかね?タンポポさん
Posted by 改姓した男の人 at 2023年05月28日 01:28
改姓した男の人さま、
コメントありがとうございます。

>非共存派は、なぜ赤の他人の子供の名字にこだわるのか

政治問題に子どもを持ち出すのは
劣勢であることを示していると
言われることがあります。
http://pissenlit16.seesaa.net/article/442013636.html

反対派(非共存派)が子どもの苗字に
固執するのは、それだけ彼らが
劣勢ということかもしれないです。


>僕は子供が何姓だろうが愛することできますが非共存派は違うんですかね?

違うみたいです。

反対派(非共存派)は、「子どもは自分と
同じ苗字でなければならない」という
信念があるので、苗字の異なる子どもは
愛せないのかもしれないです。

「苗字の異なる孫は、お年玉に
差をつける」なんて言った
反対派(非共存派)もいるくらいです。
https://twitter.com/nana77rey1/status/1340257196941082625
Posted by たんぽぽ at 2023年05月31日 21:50
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック