2022年01月24日

夫婦同姓派も選択制に賛成でしょう

前のエントリの続き。

「親子で苗字が異なる理由を
納得させるほうが難しい」という
選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)は、
「夫婦別姓の授業があったら、
夫婦同姓に賛成の父母はどう思うか」
とも言っています。

 


その父母にふつうの感性や理解力が
あるなら、「自分は夫婦同姓にしたいが、
他人が夫婦別姓を選択することは
問題ない」と考えるでしょう。

そして「選択的夫婦別姓」なのだから、
実現しても夫婦同姓の選択肢は
否定されないことを理解し、
共生社会の実現に賛同すると思います。


「夫婦同姓賛成派はどういう
気持ちになるか」なんて心配になる
この反対派(非共存派)は、選択的夫婦別姓の
実現によって夫婦同姓が否定されるとでも
思っているのでしょうか?

夫婦同姓にしたいかたはこれまで
どおり夫婦同姓を選択できます。
なにも否定されるものはないです。

この文脈で「夫婦同姓賛成派の
気持ち」が心配になる人は、
「選択的」ということを理解できず、
「夫婦別姓か夫婦同姓かの対立」と
問題を取り違えて理解している
ということだと思います。


posted by たんぽぽ at 16:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こいつらの「互いに理解にしあう」というのは全くあてになるませんね。
自分は理解する気もないのに相手に理解してかいしてもらいたいだけですから
Posted by あいうえお at 2023年11月08日 21:10
まったくもってそうだと思います。
彼ら反対派(非共存派)が「たがいに理解しあう」
などと「きれいごと」を言っても、
見え透いていてしらじらしいと思います。

それでも自己中心的なことがあからさまでは
問題だと、彼ら反対派(非共存派)も思うので、
口先だけでも「たがいに理解しあう」と
心にもないことを言うのでしょう。
Posted by たんぽぽ at 2023年11月16日 23:37
夫婦別姓だろうが夫婦同姓だろうがお好きにしてくださいとしか思えません。
Posted by イト at 2023年11月17日 01:52
彼もたんぽぽさんと同じく「自分と異なる他人がいることを理解できていますか」と言っていますね。彼自身が自分と異なる他人がいることを理解しているとは思えませんが。
Posted by 改姓した男の人 at 2023年11月19日 00:24
イトさま

>夫婦別姓だろうが夫婦同姓だろうがお好きにしてくださいとしか

夫婦同姓を選択しているかたも、
ご指摘のように考えると思います。

夫婦別姓、夫婦同姓のいずれを
希望するかたも、その多くは他人が
夫婦別姓、夫婦同姓のどちらを選ぼうが
かまわない、という考えだと思います。


他人が夫婦別姓を選択することに問題を
感じる夫婦同姓の希望者がいるとしたら、
「自分は改姓したくないので、
望まなくても妻に改姓させて
夫婦同姓がいい」という男性だと思います。

妻に望まない改姓をさせていることに
後ろめたさを感じるから、
夫婦別姓を選択している人が近くにいると、
いやな気分になるのでしょう。
Posted by たんぽぽ at 2023年11月21日 22:41
改姓した男の人さま

>彼もたんぽぽさんと同じく

相手と同じことを言えば「意趣返し」に
なると、ツイートの反対派(非共存派)は、
思っているのでしょう。

そのような選択的夫婦別姓の
反対派(非共存派)は結構います。
問題の本質がわかっていないのでしょう。


被差別マイノリティに対して、
「自分と異なる他人がいることを
理解できているか?」とお尋ねするのは、
愚問中の愚問というものです。
https://twitter.com/pissenlit_10/status/1481633449081712640
Posted by たんぽぽ at 2023年11月21日 22:42
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック