2021年12月29日

世論調査の属性は回答した時点

12月28日エントリの続き。

「有権者の62%」であって、
「夫婦別姓の子どもの62%」ではないことを
理解していないと、問題の選択的夫婦別姓の
反対派(非共存派)にツイッターでも
わたしは言ったのでした。

 


そうしたらこの反対派(非共存派)は、
「子どもはみんなおとなに育つ」と、
なにを思ったのか、わけのわからない
ことを言ってきました。



世論調査やアンケートの属性は、
その回答をした時点での
回答者の属性の意見と
考えなければ意味がないです。

「かつてはみんな子どもだった」とか
「将来かならず高齢者になる」と言って、
現在の30代の意見を「子どもの意見」や
「高齢者の意見」ということにしたら、
調査の意味がなくなります。


posted by たんぽぽ at 22:49| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください