2021年10月27日

「自民の補完勢力」だから維新に流れる

自民党政権への批判や不満が高まると、
立憲民主党などの野党ではなく、
維新に支持を移す人たちが一定数います。

衆院選の情勢報道の序盤を見ても、
立憲民主党は20議席程度の増加と
小幅増ですが、維新は30議席程度獲得と
3倍近くになると推計されています。

「2021年衆議院選挙・10月19日に公示」
「衆院選序盤・野党共闘で接戦の選挙区が多数」

 
維新なんて「自民党の補完勢力」なのに、
なぜ自民党のオルタナティブになると
思っているのかと、維新に支持を
移す人たちが案外多いことを
ゆゆしく思うかたも多いと思います。



維新は政策や理念が自民党に近いです。
それゆえ自民党に不満をもった層が、
支持を移しやすいものと思います。
維新は「自民の補完勢力」だから、
支持や票が安易に流れるということです。

自民党に不満な層は保守系第三極に
流れやすい、そうした「自民党に不満な層」の
受け皿として、維新はまだまだ健在
ということなのでしょう。


「反自民党ならどこでもいい」層とか、
「維新が『自民党の補完勢力』だと
知らない」層もいるだろうと思います。

それゆえ「立憲民主党などに入る
はずだったのに維新に取られた票」も
一定数あるだろうとは思います。
それでもそれは、維新に入った票
全体のうち一部ではないかと思います。

維新に入った票の多くは、
もともと立憲民主党など維新以外の
野党には入らないと思ったほうが
よさそうに思います。

むしろ「自民と維新とで票を
取り合っている」と考えたほうが
実態に近いだろうと思います。



posted by たんぽぽ at 23:15| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください