2021年10月05日

女性ばかり改姓に納得いかない(2)

ほとんど女性ばかり結婚改姓させられるのは、
ジェンダー平等でなく納得いかない、
という理由で、夫婦別姓を希望するかたが
いることを、とくに反対派(非共存派)は
どのように考えるかと思います。

 


選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)の中には、
女性が改姓して夫婦同姓でなければならないと、
開き直ったようなことを言う人もいます。

「女性が改姓するから実質考えなくていい?」


「「正体」をはっきりさらす夫婦別姓反対派」



当人たちは夫婦同姓の強制のもと
女性が改姓することこそ「正しい結婚」だと、
声高だかに主張することで、支持や賛同を
広めているつもりなのかもしれないです。

実際にはこのような反対派(非共存派)の言動が、
ますます選択的夫婦別姓、非改姓結婚の
希望者を増やしているということです。


「現行民法でも男女どちらの名字でも
選べるからジェンダー平等だ」と
主張してはばからない選択的夫婦別姓の
反対派(非共存派)はたくさんいます。

これらの反対派(非共存派)の主張は
どれも「相手が納得しない説明」ばかりです。

肝心なのは「相手が納得する説明」をすることです。
選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)に
そんな説明はできるでしょうか?


posted by たんぽぽ at 22:46| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください