2021年10月05日

女性ばかり改姓に納得いかない

ジェンダー平等と言いながら、
結婚改姓するのはほとんど女性ばかり
というのは納得いかない、そう考えて、
夫婦別姓を望むかたです。

 

ほとんどのケースの婚姻において、
女性が改姓するのは不平等で差別的だ、
という理由で非改姓結婚を望んだり、
選択的夫婦別姓に賛成するかたは、
結構いるのではないかと思います。


結婚改姓の不利益はあきらかです。
それゆえ結婚しても苗字を変えたくない
というかたは、たくさんいらっしゃります。

不利益のある結婚改姓をするのは
ほぼ女性と決まっています。
隠しようのないジェンダー不平等と
言わざるをえないです。

このようなジェンダー不平等が
なぜ正当とされるのか、納得のいく説明なんて、
わたしも聞いたことないです。
「納得のいく説明」なんて、
おそらくだれにもできないでしょう。。


「女性ばかり結婚改姓させられるのは
ジェンダー差別だから、選択的夫婦別姓に
賛成」というのは、ちょっと言いにくい
ところもあるかもしれないです。

「じゃあ夫婦同姓を選択するのは
差別だというのか」という、
反発を招きやすいからです。

それでも「ジェンダー平等と言いながら、
女性ばかり結婚改姓するのは差別」
というのは、選択的夫婦別姓を求める
根底の理由だと思うので、
もっと主張していいことだと思います。


posted by たんぽぽ at 22:43| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください