2021年10月04日

苗字を減らさないための夫婦別姓

選択的夫婦別姓を導入して、夫婦別姓を
選択する人が増えると苗字の数が
減るなどと、奇妙なことを言っている
反対派(非共存派)がいます。

 


現行の夫婦同姓の強制こそ、苗字の数を
減らすことになるというものです。
夫婦同姓となるためには、結婚する
ふたりのうちひとりが改姓するので、
その苗字がなくなるからです。

夫婦別姓を選択した場合は、
結婚するふたりの苗字はどちらも残ります。
それゆえ苗字の数は減らないことになります。

なにをあたりまえのことを
言わせるのかと思います。
「選択的夫婦別姓を導入することで
苗字の数が減る」という考えは、
どこから出てくるのかと思います。


夫婦同姓の強制と少子高齢化が進むことで、
本当に日本人の苗字が減るという予測もあります。
氷河期世代が寿命をまっとうする
2050年あたりが、苗字減少の
ピークになると考えられます。

「日本の苗字が将来減る」

日本人の苗字の激減は、少子高齢化と
選択的夫婦別姓に反対という、
日本の「歴史的失策」の
象徴となるかもしれないです。

「反知性主義がもたらした歴史的失策」


「夫婦別姓で苗字が減る」という
倒錯したことを言った選択的夫婦別姓の
反対派(非共存派)は、「オメガマン」です。

少し前に「選択的夫婦別姓を認めるなら、
重婚、児童婚、近親婚も認めないとおかしい」と
言って、「心底やばい」と言われた人です。

「心底やばい選択的夫婦別姓の反対派」





posted by たんぽぽ at 22:46| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください