2021年09月16日

保守の考えの多くが不寛容・不都合だよ

9月14日エントリの続き。

「宅造」は、「保守の思想のほとんどが
不寛容だと、リベラルにとって都合がよい」
ということも言っています。

 


「保守の主張の多くが不寛容」というのは、
リベラルにとってべつだん都合よくないです。

自分たちに対して不寛容な思想が
多数となって幅を効かせるのだから、
不都合なことでしかないです。


自分たちに対して不寛容な思想が
蔓延することを、「都合がよい」と思えるのは、
こちらにとっては自分の生活や尊厳に
関わるということを、「宅造」は
理解できていないからかもしれないです。

「宅造」は自分の生活や尊厳とは
関係なく、ネットで議論するだけの
お気楽な立場、ということかもしれないです。

「宅造」はそういう「お気楽な立場」でも、
「自分とは異なる他人がいる」ことを、
理解されたいと思います。
(無理かもしれないけれど。)


posted by たんぽぽ at 17:20| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください