2021年05月31日

繰り返し反証される・やはり典型的な反対派

5月29日エントリの続き。

「madao」は足立康史に触発されて
選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)になった
ということは、「選択的夫婦別姓の
導入は戸籍の廃止をともなう」と
まじめに信じていることになります。

 
そんな「madao」に反証がありました。
選択的夫婦別姓と戸籍の廃止は
直接関係ないというものです。

実際に関係ないことですから、
ネットのリテラシーの維持を考えたら、
根拠をしめしながら反証するのは
当然のことだと言えます。



反証された「madao」は「またこれ〜」と、
とてもへきえきした言いかたをいました。


「madao」はへきえきするくらい、
「選択的夫婦別姓と戸籍の廃止は関係ない」と
反証されているようです。

ということは、やはり「madao」は
もとから選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)で、
以前は賛成していたわけではない
可能性が高くなったと言えます。

このように何度事実や根拠をしめされても、
それをまったく理解できないのは、
反対派(非共存派)の決定的な特徴だからです。



付記:

へきえきする「madao」には、
何度繰り返し根拠をしめされてもまったく
理解できないがんめいきわまりない人だから、
何度も同じことを言われて反証されると、
わたしは言っておきました。




posted by たんぽぽ at 21:33| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください