2021年05月08日

他人を巻き込む反対派の結婚の意味

5月7日エントリの続き。

問題の選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)は、
「夫婦同姓の強制がいままで守ってきたカチ」が
どんなものかを述べているツイートを
わたしに紹介してきました。

 

最初の反対派(非共存派)が
「すばらしい」と言っているこのツイートは、
「独善もはなはだしい」という意味でなら
「すばらしい」と思います。

日本社会の全員が夫婦同姓でないと、
自分が夫婦同姓にした意味が損なわれるなどと、
リンク先の反対派は言っています。

ようは自分が夫婦同姓にした意味を
保つために、日本中の赤の他人全員に、
夫婦同姓にさせようということです。
社会はあなたひとりのためにあるのではないと
言いたくなってきます。


このような反対派の家族思想に初めて
触れるかたには、多分に衝撃的かもしれないです。
独善的に加えて意味がわからないと思います。

かかる独善的で不可解な家族思想を
披露しているご本人のことはもちろん、
それを「すばらしい」と思っている
最初の反対派(非共存派)の感性と人間性も
まったくわからないかもしれないです。

実はリンク先の反対派(非共存派)と
同じ発想をする選択的夫婦別姓の
反対派(非共存派)は結構いるようです。

その意味では取り立てて変わった
家族思想を示しているわけではなく、
共有する反対派(非共存派)がいても
めずらしくないということです。


はっきり言えるのは国民全体を
まきこんでいるのは、やはり選択的夫婦別姓の
反対派(非共存派)になることです。

自分の結婚の意味を維持するために、
他人にも自分と同じことをさせて
いるのですから、彼ら反対派(非共存派)は
盛大に日本中の人たちを、自分の都合に
巻き込んでいることになります。


posted by たんぽぽ at 22:47| Comment(2) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ショコラさんがそう思うのは勝手だけど他の人を巻き込まないでほしいとしか言えません。
Posted by 改姓した男の人 at 2023年05月21日 23:57
改姓した男の人さま、

他人の夫婦別姓を禁止する「理由」の
ひとつとして考え出されたのが、
上述の「社会全員が夫婦同姓でないと、
自分の結婚の意味が失なわれる」だと思います。

自分ひとりの都合で、社会全体を巻き込む
というのは、どれだけ自己中心的なのかと思います。


そこまで「他人の夫婦別姓が嫌」だという人は、
いっそのこと結婚しなければ
いいのにと、わたしは思います。

「嫌なら結婚しなければいい」は
反対派(非共存派)の「おはこ」ですが、
それを自分たちに言い聞かせれば
いいということです。
Posted by たんぽぽ at 2023年05月25日 22:39
コメントを書く
コチラをクリックしてください