2021年05月07日

国民全体を巻き込まない選択制

5月5日エントリの続き。

「夫婦同姓の強制がいままで守ってきた
カチがある」と言っている反対派(非共存派)ですが、
「選択的夫婦別姓の導入は国民全員を
巻き込む」とも言っています。

選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)に
ありがちな認識だと思います。

 


「選択制」ですから、夫婦別姓を
選択したいかただけが選択すればいいだけです。
そして夫婦別姓の選択肢が
必要なかたにだけ関係があることです。

「選択的夫婦別姓はパレート改善」

夫婦同姓を選択したいかたは、
選択的夫婦別姓を導入したあとも、
導入前と同じように夫婦同姓を選択できる状況に
なんらかわりばえはないです。

よって夫婦同姓を選択する人には、
影響も関係もないことになります。
選択的夫婦別姓の導入は、国民全体を
巻き込んでいないということです。



むしろ国民全体を巻き込んでいるのは
反対派(非共存派)だと思います。
夫婦同姓を国民全体に強制するし、
これによって、結婚改姓したくないかたを
いやおうなしに巻き込んでいるからです。


posted by たんぽぽ at 22:56| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください