2021年04月29日

選択的夫婦別姓に反対の意識は広まらない

前のエントリの続き。

「息の長いスレッドだ」というわたしの
指摘に対して、ここは反対派(非共存派)の
「仲良しクラブ」だという趣旨のリプライをした、
選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)の続きです。

この反対派(非共存派)は、「選択的夫婦別姓に
関心がなかった保守層にまで反対の
意識が強まった」と言っています。

 


選択的夫婦別姓に反対の意識が
強まったことが、スレッドの息が長くなった
原因でもあるということなのでしょう。

反対派(非共存派)の抵抗が執拗かつ
激しくなったと、わたしがツイートした
ということもあると思います。



選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)の
抵抗が激しくなったのは、4月26日エントリで
お話たようなことだと思います。

「選択的夫婦別姓・息の長いスレッド」

メディアで話題になる機会が増えて
ネトウヨたちの関心が増えたのと、
反対派(非共存派)が少数に
なったことによる危機意識です。

最初のツイートの人は、最近になって
反対派(非共存派)が増えたように見える
という趣旨のことを言っています。

実際は、もともと選択的夫婦別姓に
反対だった人がツイッターで寄り添うようになって、
反対派(非共存派)仲間でおたがいの視界に
入るようになった、あたりと思います。


世論全体で見れば、選択的夫婦別姓に
反対の意識など広まっていないことは、
すぐにわかることです。
最近の世論調査はどれも、選択的夫婦別姓に
賛成の割合は7-8割と高く、
反対は1-2割程度にとどまっています。

「選択的夫婦別姓に賛成が8割」
「選択的夫婦別姓に7割以上が賛成」
「選択的夫婦別姓・ふたつの世論調査」

自民党支持層を見ても選択的夫婦別姓に
賛成の割合は高くなっています。
よって保守層にかぎっても、反対の意識は
広まっていない、むしろ賛成の意識と
理解が広まっていると考えられます。

「夫婦別姓と同性婚・自民支持層でも賛成増」




posted by たんぽぽ at 21:38| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください