2021年03月13日

結婚改姓が当然とされる創作への批判

前のエントリの続き。

選択的夫婦別姓の実現を望む人たちは
同姓夫婦を差別するようになるなどと言う人の
匿名ダイアリーを引き続き見ていきます。

https://anond.hatelabo.jp/20210311030526

 
最初の例は『STAND BY ME ドラえもん』に
出てくる、のび太としずかの結婚ストーリーに
ついての読売新聞に掲載された広告です。

「「選択的」夫婦別姓なのに「野比」しずかに疑問」

しずかは結婚してあたりまえのように、
「野比しずか」になっています。
このような女性の結婚改姓になんら
疑問がなく当然とされるストーリーでは、
選択的夫婦別姓を望む人たちが
受け付けないのは当然のことです。


現実問題として、結婚改姓したい女性は
そんなに多くないということがあります。
2016年のはじめごろのウートピの調査では、
選択的夫婦別姓が認められた場合、
63%の女性が非改姓結婚を望むとあります。

「非改姓結婚希望が6割以上」

早稲田大学の棚村政行教授と
「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」の
合同アンケートでも約4割程度のかたが
非改姓結婚を望んで答えています。

「選択的夫婦別姓のアンケート・夫婦別姓の希望」

フランスの家族を研究するかたの
インタビュー調査によると、結婚改姓を喜んだ
既婚女性はいなかったです。
改姓はとても面倒と答えたかたはとても多く、
女性ばかりが改姓するのは疑問
というかたも一定数いました。

「結婚改姓を喜ぶ女性はいないらしい」


現実の女性の結婚改姓に対する
気持ちや考えはこのようです。
結婚改姓したい女性、結婚改姓に疑問のない女性は
あまり多くないと考えられます。

となれば創作で「結婚改姓することに
疑問のない女性」を登場させれば、
「この作者は現実を知らない」と思われても、
無理もないことになります。
単に現実から乖離しているだけでも、
この作者の見識は批判対象になるでしょう。

ましてや作者が「多くの女性は結婚改姓に
疑問を持たず受け入れる」などと思っていては、
なおさら批判の対象というものです。
そうした意識こそ、女性に望まない
改姓をさせる圧力として働くことになり、
無神経かつ差別的であるからです。


結婚改姓に疑問のない女性が
広告に出てくることに対する批判として、
「気持ち悪い」という感情的な
拒絶を示すものが多くなっています。

これも望まない結婚改姓で苦労したり
傷ついた女性の受け止めかたとしては、
一般的かつ無理もないものだと思います。

田母神俊雄氏や竹田恒泰氏が、
「女性は結婚改姓が嬉しいものだ」などと
言ったりすると、とくに女性から「気持ち悪い」
という反応がたくさん出てきます。
これと同じということだと思います。

「田母神俊雄の思い込み」
「竹田恒泰の結婚改姓幻想」


のび太としずかの結婚ストーリーの広告は、
結婚改姓に関して偏った認識にもとづく
という点で批判されるのは
無理もないということになります。

トゥゲッターで並べられている
ツイートの反応も、どれもごもっともで
問題ないものがほとんどだと言えます。


posted by たんぽぽ at 22:45| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください