2021年02月27日

「男は女を守る」と思える精神構造

現実には「男は女を守らない」し、
それどころか男性は女性を差別や搾取をしたり
加害を与えたりする、ということを、
これまでしばらく見てきました。

「「男は女を全力で守る」という幻想」
「男は女を守らない・前にも議論した」

このような現実にもかかわらず、
「男は女を守る」と無邪気に
信じている人(男性)は結構多いです。
そのメンタリティはなんなのか、
わたしの思うことを少しお話しておきます。

 


ひとつは「男は女を守るべき」という規範が
まがりなりにもあるということです。
こんな規範を守っている男性は
全体の中でもごく一部であり、
大体数はまったく守らないです。

それでもかかる社会規範があるせいで、
多くの男性がこれを守って行動しているかのように、
錯覚しているということです。


もうひとつは実際に女性を守る男性が
現実、フィクションのいずれにも
いることはいるということです。

前の繰り返しになりますが、
実際にはこんな英雄的行動を取れる
男性は全体の中では少数です。

それでも少数いる英雄的男性の活躍は
影響が大きいしとても目立ちます。
それで大多数の男性も同じような
イケメン・ヒーローであるかのように
錯覚するというか、刷り込まれるのでは
ないかと、わたしは想像します。


posted by たんぽぽ at 12:28| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください