2020年12月21日

結婚改姓に抵抗のある女性は多い

多くの女性は結婚改姓に抵抗がないと
思っている選択的夫婦別姓の反対派です。

同じことを思っている人(反対派)は、
結構多いのかもしれないです。

 

この選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)は
なにを根拠にこんなことを言うのかと思います。
さっそく反証したいと思います。


日本とフランスの家庭事情を研究している
研究者の、日本の既婚女性を対象にした
インタビュー調査によると、当然のように
女性が改姓しなければならないことに
疑問を感じるかたが一定数いました。

「結婚改姓を喜ぶ女性はいないらしい」

さらに結婚改姓はひじょうに面倒だったと
答えたかたは、たくさんいらっしゃりました。

改姓にあたっての感慨を尋ねたところ,
やはり多いのは「そういうものだと思った」
「特に 何とも思わなかった」というものであったが,
やはり当然のように女性が改姓しなければ
ならないことに疑問を感じていた人もいた.
そして非常に多かったのが「改姓はとても面倒だった」という意見である.

女子校で小論文の課題として
選択的夫婦別姓について出したところ、
7割ほどの生徒が「結婚改姓したくない」と
書いていたというお話もあります。

「夫婦別姓の希望は実は多数派?」


これらを見ていると、結婚改姓に抵抗のない
女性はあまり多くないと言えます。
むしろ結婚改姓に抵抗や不満のある
女性のほうが多いくらいです。



最初のツイートの反対派(非共存派)は、
結婚改姓したくない女性が多いことを
データで証明しろとも言っています。

2015年の暮れか2016年のはじめの
ウートピの女性対象のアンケートでは、
選択的夫婦別姓が実現した場合
夫婦別姓(非改姓結婚)を選ぶと
答えたかたが全体の63%でした。

「非改姓結婚希望が6割以上」

夫婦別姓が可能になったら、あなたは?

この63%は「結婚改姓したくない女性」と
考えることができると思います。


2020年11月に発表された早稲田大学の
棚村政行教授と「選択的夫婦別姓・
全国陳情アクション」の合同アンケートによると、
「夫婦別姓を選択したい」と答えた
女性は全体の38%程度でした。

「選択的夫婦別姓のアンケート・夫婦別姓の希望」



この38%は「結婚改姓したくない女性」と
考えることができると思います。


このくらい例をあげれば、最初のツイートの
反対派(非共存派)の要求どおり、
「結婚改姓したくない女性が多いことを
データで示した」と言えると思います。


posted by たんぽぽ at 23:12| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください