2020年11月14日

反対派の「正体」のエントリがバズった

「筑後守」から「現行民法は女性の改姓が
当たり前だから、実質考えなくていい」
発言を引き出したのは「グッジョブ」だという、
メインブログの11月2日エントリを
わたしはツイッターでシェアしました。

「別姓反対派の「正体」を引き出して「グッジョブ」」

 


そのシェアしたツイートにリツイートを2件、
「いいね!」を8件いただきました。
客観的に見たら、この程度のバズ数は
まったくたいしたことないです。

それでもわたしのブログエントリは
シェアしてもほとんどバズらないので、
これだけあれば、かなりバズったほうです。

選択的夫婦別姓問題に関わる多くのかたが
きっとそうだと思っているけれど、
なかなかさらすことがない反対派の「正体」を
ストレートにさらしたので、関心のあるかたが
多いのだろうと思います。


「筑後守」の「実質考えなくていい」発言は
資料的価値があると指摘する、
わたしのツイートも結構バズりました。



「筑後守」の「実質考えなくていい」発言は
選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)の
「正体」だと、最初に指摘した
わたしのツイートもバズっています。



選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)の
「正体」を示す証拠に対する関心は
それだけ高いということなのでしょう。


posted by たんぽぽ at 14:52| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください