2020年11月02日

スレッドの趣旨は「推進派の反論お断わり」

11月1日エントリの続き。

選択的夫婦別姓の問題点について、
DMで問い合わせきたというかたに
回答するべく、「臥樹丸」は公開の場所で
ご意見の募集を始めたのでした。

 
そこには選択的夫婦別姓の反対派からの
意見がたくさんつくことになりました。
反対派(非共存派)の意見なんて事実や根拠に
もとづかない歪んだものばかりです。

そんな選択的夫婦別姓に関する
リテラシーを引き下げる意見が氾濫したら
大変なことになります。
それゆえ推進派のかたたちから、
訂正や反論のリプライがつくことになります。

そうしたら「臥樹丸」は、推進派からの反論は
自分のスレッドの趣旨に反すると言って、
リプライをお断わりしてきました。


技術的にリプライを制限している
わけではないですが、推進派のかたが
リプライするたびに、「臥樹丸」は
DMのスクリーンショットを貼って、
「趣旨に反する」と言っています。


「臥樹丸」は公開の場で意見を聞いています。
それならばだれでも自由に意見や
反論を述べることができます。
「言論の自由」とはそういうものです。

ほかの選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)は、
公開で意見を求めるときは、
推進派のかたがリプライしても
黙認することがほとんどのようです。
リプライお断わりなどと言ったりはしないです。

推進派から反論されるのが嫌なら、
「臥樹丸」は公開で意見を求めないことです。


「臥樹丸」のツイートにリプライする
反対派(非共存派)の意見は、
選択的夫婦別姓に関して、事実や根拠の乏しい
間違った情報がほとんどです。

そんな間違った情報があれば、
適切な情報を示して反論するのは当然のことです。
DMで真摯に問い合わせたかただというなら、
そのかたには適切な情報が必要であって、
デマや妄想ではないでしょう。

根拠のとぼしい妄想ばかり吹き込んだら、
真摯に問い合わせたかたに対して
配信的でさえあると言えます。
それとも「臥樹丸」は、真摯なかたに
でたらめを教えることが望ましいと
考えているのでしょうか?

よって推進派による訂正や反論こそ、
「臥樹丸」のスレッドの趣旨に
合っていることになるでしょう。


「臥樹丸」は自分のスレッドの趣旨について
もう少し詳しいことを言ってきました。
選択的夫婦別姓制度に対する心配が
趣旨に合っているそうです。
それ以外は無用だそうです。


ようは選択的夫婦別姓に反対の意見だけが
趣旨に合致するということです。

反対派(非共存派)の意見は、
事実に反していても「臥樹丸」も
ほかの反対派(非共存派)も放置します。
選択的夫婦別姓に反対の意見であれば
事実や根拠がないことでも、
「趣旨に合っている」のでしょう。


それなら最初からそう言えばいいと思います。
「このスレッドは選択的夫婦別姓に
反対する意見のみツイートしてください。
反対意見であれば事実に反していても
かまいません」という具合にです。

(そんな断わり書きをしたところで、
異論や反論のリプライは来ないという
保証も道理もないんだけれど...)


posted by たんぽぽ at 22:57| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください