2020年10月10日

選択的夫婦別姓を導入する利益

10月8日エントリの続き。

夫婦別姓のほうが犯罪に都合がいい
などと言い出した選択的夫婦別姓の反対派は、
夫婦別姓を選択すると利益はあるのか?
などと言っています。

 

選択的夫婦別姓の導入による利益はあります。
夫婦の双方が結婚改姓せずに結婚できます。
結婚改姓せずに結婚できると
どんな利益があるかというと、
結婚改姓にともなう不利益を避けられます。

その不利益は具体的になにがあるかというと
アイデンティティや職業上のキャリアの維持、
改姓手続きの手間がなくなる
といったことがあります。

「なぜ選択別姓(非改姓婚)が必要なのか?」

現行民法の夫婦同姓の強制では、
夫婦のどちらかが改姓せざるをえないです。
これによってどちらかが改姓の不利益を
甘受させられることになります。


こうしたことは、選択的夫婦別姓に関する
入門的な書籍やサイトに書いていると思います。
選択的夫婦別姓問題にかかわるかたなら、
当然のように理解しているでしょう。

「利益がある」というより
「損失がなくなる」と言ったほうが、
より正確ではあると思います。


posted by たんぽぽ at 15:12| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください