2020年10月10日

選択的夫婦別姓に賛成の国会議員もいる

「国会議員も選択的夫婦別姓に反対している」
などと主張する反対派(非共存派)です。

国会議員でも反対しているから、
選択的夫婦別姓に反対することは
説得力があるとでも言いたいものと思います。

 


自民党は選択的夫婦別姓に反対する議員の
割合が他党と比べて高いです。
よってそこから反対派(非共存派)の議員を
探し出すのは簡単です。

「選択的夫婦別姓・自民党に中立が増えた」
「選択的夫婦別姓・他党はほぼ全員賛成」




国会議員でも選択的夫婦別姓に
賛成していることを示せば、
最初のツイートの反対派(非共存派)は
納得するのかと思います。

野党議員だと選択的夫婦別姓に賛成でも
「左翼」とか「中国韓国寄り」とか言って、
ろくに顧慮しないことが予想されます。
よって自民党で賛成している議員が
多い記事を、紹介しておきます。

「選択的夫婦別姓について国会議員、弁護士の皆様からいただいたメッセージ」



付記:

最初の選択的夫婦別姓の反対派は、
「ブルーローズムーン」という反対派を
擁護するために現れたようです。

「ブルーローズムーン」は
物置きタンブラーでご紹介した、
食パンの飼い主さんと選択的夫婦別姓の
議論をしていた人です。

「根拠のないサブアカウント認定」
「簡単に根拠なく同一人物認定するらしい」


posted by たんぽぽ at 15:09| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください