2020年08月27日

暗い情熱の持ち主がまた粘着に来た

8月24日エントリの続き。

ネットにおける若い人たちへの対応にも
責任があるという考えに対して、
わたしは「とても大事なことだ」という
賛同のツイートをしました。

 

そこへ暗い情熱を持つマーチストーカーの
「四条烏丸=烏丸蛸薬師」が、
またまたしゃしゃり出てきました。
「たんぽぽには関係ないお話」
などと「四条烏丸」は言っています。



なぜわたしに関係ないのかわからないです。
わたしのツイートも、いつでも若いかたの眼に
触れる可能性はあります。

わたしのツイートを見た若いかたの
中には、わたしに直接コンタクトを
してくることも考えられます。

わたしのツイートは若いかたに影響を
およぼす可能性はつねにあると言えます。
となれば、ネットで発言をする際には、
そうした若いかたを意識して
責任を持つ必要があるというものです。


このあたりについて、わたしはツイッターで
直接「四条烏丸」に言いました。
「四条烏丸」は今度は、「そんな高校生が
いるのか疑問」と言ってきました。


公開の場で発言するのですから、
高校生の眼に触れる可能性はいくらでもあります。
わたしに直接コンタクトした
高校生のかたも現実にいます。

「四条烏丸」はなぜか疑問視していますが、
わたしのツイートが高校生の眼に触れないとか、
わたしとコンタクトする高校生はいない
という根拠はあるのかと思います。


かりにわたしの発言は高校生の眼に
触れる機会がほとんどないとしても、
「高校生は読まないから、高校生に対する
影響は考えなくていい」なんて無責任な態度は、
わたしは取りたくないです。




posted by たんぽぽ at 23:08| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください