2020年07月31日

選択的夫婦別姓・必要な人は多い

7月29日エントリの続き。

選択的夫婦別姓に強い関心があって、
反対しているとしか思えないかたは、
「選択的夫婦別姓の議論が進まないのは
多くの人が必要を感じないからだ」などと言っています。

これも選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)に
ありがちな意見のうちだと思います。

 


2020年3月に発表された日本経済新聞の
働く女性を対象にした選択的夫婦別姓の
意識調査によると、51.7%のかたが
結婚改姓したくないと答えています。

「未婚女性の3分の2は結婚改姓したくない」
「選択的夫婦別姓、賛成74% 未婚者の65%が旧姓希望」

全体では
旧姓: 41.8%、
事実婚で改姓していない: 9.9%
婚氏: 48.3%
で、「旧姓」と「事実婚」を合わせて51.7%が
生来の名字を使っている、
もしくは使いたいと答えています。

未婚の女性にかぎると結婚改姓したくないかたは、
65.3%になります。

未婚の女性にかぎると
旧姓: 51.6%
事実婚で改姓していない: 13.7%
婚氏: 34.7%
で、生来の名字を使っているか
使いたいかたは、65.3%になります。

未婚女性の3分の2が結婚改姓したくないと
考えているなら、選択的夫婦別姓の必要性は
じゅうぶんあるということだと思います。


2016年のはじめにウートピが行なった
20-30代の首都圏勤務の女性が対象の
アンケートでは、選択的夫婦別姓が実現したら
夫婦別姓(非改姓結婚)を選択するかたが
全体の63%でした。

「非改姓結婚希望が6割以上」

夫婦別姓が可能になったら、あなたは?

女子校で選択的夫婦別姓について書く
小論文の課題を出したところ、
7割程度の生徒が結婚改姓したくないと
書いていたというお話もあります。

「夫婦別姓の希望は実は多数派?」



7月27日エントリでも触れましたが、
結婚改姓の感慨について訊いた既婚女性対象の
インタビュー調査では、結婚改姓はとても面倒と
答えたかたが多かったのでした。

「結婚改姓を喜ぶ女性はいないらしい」

女性が当然のように結婚改姓することを
疑問に思っているかたも結構いました。

改姓にあたっての感慨を尋ねたところ,
やはり多いのは「そういうものだと思った」
「特に 何とも思わなかった」というものであったが,
やはり当然のように女性が改姓しなければ
ならないことに疑問を感じていた人もいた.
そして非常に多かったのが「改姓はとても面倒だった」という意見である.


これらの調査や事実も、選択的夫婦別姓に必要性は
じゅうぶんあることを示しているでしょう。


posted by たんぽぽ at 22:30| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください