2020年07月12日

あの元風俗嬢のかたは人望があるらしい

7月11日エントリの続き。

岡村発言を擁護する元風俗嬢のかたの
名前を出さないでくれと頼んだかたは、
「自分を批判の対象にしても
かまわない」とも言っています。

 

これはツイッターを休止した
元風俗嬢のかたの代わりに自分を批判してよい、
という意味でもあると思います。


あの岡村擁護の元風俗嬢のかたは、
界隈では人望があるのかもしれないです。
精神的に圧迫されているのを心配してくれて、
解決策を考えるかたが何人もいるだけでも、
人望があることだと思います。

それに加えて、ご本人の代わりに
自分が盾になることを買って出るかたがいる
というのは、かなりの人望がある
ということだと考えられるでしょう。

カリスマやアイドルでも、窮地に陥れば
自分が身代わりになると言う人が
出てくることはあると思います。
それは一種のファナティックなものだと思います。

最初のツイートのかたの申し出は、
そうした「ファナティック」ではなく、
元風俗嬢のかたのことを思っての
「誠実さ」をわたしに感じさせます。



付記:

岡村擁護の元風俗嬢のかたは
「水からの伝言騒動」の「水葉(みみず)」と
状況が似ていると、わたしはお話しました。

「元風俗嬢のツイッター休止について(2)」

「水葉(みみず)」の「取り巻き」たちは、
わたしの立場を認めた上での妥協案を提示したり、
自分が批判の盾になることを
買って出ることはなかったです。

これは「水葉(みみず)」は岡村擁護の
元風俗嬢ほど人望がなかったということではなく、
「水葉(みみず)」の取り巻きたちは、
たんぽぽに妥協なんて少しもしたくない、
ということだと思います。


posted by たんぽぽ at 11:52| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください