2020年06月27日

3代くだればみんな忘れられる

前のエントリの続き。

西日本新聞の選択的夫婦別姓のアンケートに
難癖をつけた反対派に、「自分の母親のきょうだいは、
みんな苗字が異なっていた」という
お話をするかたがいました。

くだんの反対派が「苗字が異なると
家族でない」という意味のことをしきりに
主張するので、その反証のためです。

 


そうしたら問題の選択的夫婦別姓の反対派は、
「3代くだればあなたの存在は忘れられる」
などと言ってきました。



3代もくだれば苗字に関係なく
忘れられるのではないかと思います。
もちろん現在の夫婦同姓の強制のもとでのお話です。

自分の3代前のご先祖がどんな人だったか
なんて、苗字なんて変わらなくても、
はっきり把握している人は
ほとんどいないだろうと思います。


posted by たんぽぽ at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
唯一フルネームを覚えている3代上の人物は、私の旧姓とも現姓とも異なる曾祖母です。名字よりも実際にあったことがあるかによると思います。
Posted by 改姓した男の人 at 2023年05月04日 21:06
改姓した男の人さま、
コメントありがとうございます。

先代を覚えているかどうかは、
実際に会ったことがあるとか、
その先代のかたが記憶に残るような
ことをしたかどうかだと思います。

苗字なんて関係ないと思うのですが、
反対派(非共存派)は苗字が重要だと
信じて疑わないようです。
Posted by たんぽぽ at 2023年05月05日 18:54
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック