2020年05月23日

「風俗嬢」発言批判でなにを得るのか?

5月21日エントリの続き。

「山田晃嗣」は、今度はnanaさまに
「岡村隆史氏の発言を批判することで
なにを得たいのか?と訊いてきました。

きゅうにそれまで話題にしていなかった
新しい論点を出してきたことになります。

 

nanaさんは「風俗嬢」発言の出てきた
ラジオ番組を聴いていることがわかったので、
「一次情報」攻めができなくなった
ということかもしれないです。


なんのために岡村隆史氏の発言を
批判するかなんて、わかりきったことです。
「風俗嬢」発言は深刻な人権侵害であり、
とうてい容認できるものではないからです。

このような女性に対する人権侵害を
歓迎する発言を放置すると、女性はこのように
性的搾取してもよいのだ、という意識が
社会に蔓延することになります。

そうした意識が社会の中で優勢になれば、
現実にも女性に対する性的搾取が
横行することにもなります。
それは女性にとって生命と尊厳を
侵害されることになり、はなはだ大きな損害で
あることは言うまでもないことです。


岡村隆史氏の発言を批判するのは、
「なにかを得るため」というより、
「なにかを失なわないため」と
言ったほうが正確になりなりそうです。

失ないたくない「なにか」は、
もう少し具体的には、女性の尊厳や権利
ということになるでしょう。

わたしはこのような考えにもとづいて、
岡村隆史氏の発言を批判しています。
それは「風俗嬢」発言を批判する
ほかのかたたちも同様だと思います。
nanaさまもきっとそうでしょう。


「山田晃嗣」は岡村隆史氏の発言を
批判することで、nanaさまはなにを得るのか、
それが見えないのだそうです。

男性である「山田晃嗣」は、女性の性を
買う側の立場であり、風俗嬢は増えるほうが
歓迎できる立場であると言えます。

岡村隆史氏の発言が批判され、
「女性の性的搾取は権利の侵害である」という
意識が広まることで、「山田晃嗣」は
失なうものさえ出てくると言えるでしょう。

そんな「山田晃嗣」には、岡村隆史氏の発言を
批判することで得られるなにかなんて、
見えなくても当然かもしれないです。
むしろそんなものは積極的に
見たくないくらいかもしれないです。


posted by たんぽぽ at 22:46| Comment(6) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
4月27日の私のツイートが「新しい論点」なのですか?
Posted by 山田晃嗣 at 2020年05月23日 23:53
それまで出てきていない論点ですからね。
Posted by たんぽぽ at 2020年05月25日 09:08
> 批判するかなんて、わかりきったことです。
> 「風俗嬢」発言は深刻な人権侵害であり、
> とうてい容認できるものではないからです。

この説明に納得できる人、どれくらいいるのでしょうね?
あの発言のどこがどのように人権侵害なのですか?
「誰」の人権を、「どのように」侵害しているのですか?

たんぽぽさんが私の人権を侵害しているなら理解できますが。
Posted by 山田晃嗣 at 2020年06月18日 16:37
>この説明に納得できる人、どれくらいいるのでしょうね?

たくさんいます。

納得できないあなたのような人よりは
はるかに多い、それは言えると思います。


>たんぽぽさんが私の人権を侵害しているなら

わたしがあなたの人権を、
どう侵害しているのでしょうか?
まったくわからないです。
Posted by たんぽぽ at 2020年06月19日 22:48
>> 批判するかなんて、わかりきったことです。
>> 「風俗嬢」発言は深刻な人権侵害であり、
>> とうてい容認できるものではないからです。

>たくさんいます。

>納得できないあなたのような人よりは
>はるかに多い、それは言えると思います。

なるほど。
問題となった4月23日の放送で、言ってもいない「売春」「困窮」「やむにやまれず」との言葉を
岡村が言ったと信じて、それを人権侵害だと考える人は多いかもしれませんね。
しかしそれはもちろん事実ではありません。

「売春」などとは岡村は一言も発していませんし、
「困窮」「やむにやまれず」も、4月30日の謝罪で口にした言葉です。

もちろん謝罪の内容については、たんぽぽさん自らそれが批判の対象では無いと言っています。

> 「岡村隆史は謝罪したから、岡村隆史は悪いことをしたのだ」と考える人は、「風俗嬢」発言を批判する人にはいないと思います。「岡村隆史は悪いことをしたから謝罪した」と考えていると思います
https://twitter.com/pissenlit_10/status/1261848773359067136?s=20

さあ、問題となった4月23日の放送の発言のいったいどれが「人権侵害」なのか、
是非とも一次情報にあたったうえで説明いただきたいものです。

Posted by 山田晃嗣 at 2020年06月20日 11:23
>「売春」などとは岡村は一言も発していませんし

わたしは「売春」とは言っていないです。
「岡村隆史は『売春』と言った」とも言っていないです。


>「困窮」「やむにやまれず」も、4月30日の謝罪で口にした言葉です

4月23日のオールナイトニッポンで
岡村隆史氏は「短期間でお金を稼がないと
苦しいですから。3カ月の間、集中的に
かわいい子がそういうところでパッと
働いてパッとやめます」と言っています。

「コロナ禍・風俗嬢が増えて楽しみ?」
http://taraxacum.seesaa.net/article/474804482.html
「岡村隆史の「風俗嬢」発言・番組の全体」
http://taraxacum.seesaa.net/article/475162088.html

これは経済的な「困窮」から「やむにやまれず」
性産業で働くということを意味します。


4月30日の謝罪で岡村隆史氏が言及したことは、
「4月23日放送で自分はなにを言ったか」です。
よって謝罪で出てきたことは、
4月23日放送分の発言内容を意味します。

どのような趣旨のことを言ったかが
大事なのに、一語一句同じでなければ
「言っていない」などと言い募る「戦略」に、
あなたは出たようですね。


>もちろん謝罪の内容については、
>たんぽぽさん自らそれが批判の対象では無いと言っています

わたしはここで謝罪の内容については
言及していないと言ったんです。

謝罪の内容はいかなる場合でも
批判の対象になりえないとか、
批判することに意味がないとは言っていないです。
Posted by たんぽぽ at 2020年06月23日 21:59
コメントを書く
コチラをクリックしてください