2020年05月17日

夫婦同姓を選択して選択的夫婦別姓に賛成

自分は選択的夫婦別姓に賛成なのに、
結婚して戸籍上は改姓したことを「夫婦別姓を望み
結婚しない人たちの邪魔になった」と
思いつめたことを言っているかたがいました。

結論を言えば「邪魔なんてことはない」です。

 


選択的夫婦別姓に賛成するかたは、
「夫婦同姓を選択する必要があるので
選択する」というかたのことは、
なにか問題があるとは考えないです。

現に推進しているのは「選択制」です。
夫婦同姓の選択肢も従来通り残すことを、
推進派の人たちは主張しています。

他人には自分と違った事情があるのだから、
自分と違った選択をする他人がいても
当たり前と、選択的夫婦別姓の推進派の
人たちは考えているということです。


選択的夫婦別姓は、夫婦別姓の選択肢が
必要な人たちの問題なのはもちろんですが、
それ以外のかたにも「社会制度として
他人の選択を認められるか」という問題があると思います。

それゆえ「自分は結婚改姓して夫婦同姓だけど
選択的夫婦別姓に賛成」というかたの存在は、
大きな意味のあることになります。

とくに選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)は、
自分は夫婦同姓を選択する人は、
夫婦別姓の選択肢は必要ないから
選択的夫婦別姓にも反対に違いないと、
決めてかかることが多いです。

そのような反対派(非共存派)の認識に
対する反証として、「自分は夫婦同姓を
選択するけれど、選択的夫婦別姓には賛成」という
かたがいることは重要になります。


posted by たんぽぽ at 11:12| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください