2020年01月31日

信奉者がいるのは夫婦別姓反対派

前のエントリでご紹介したヤフーの「知恵袋」を
「根拠」にする選択的夫婦別姓の反対派
(非共存派)は、こんなことも言っています。

 


この反対派(非共存派)は「夫婦別姓信奉者」
などという表現を使っています。

選択的夫婦別姓の実現を求めるかたは、
それが自分の生活や尊厳にかかわるため
夫婦の双方とも結婚改姓しない
選択肢を必要としているからです。

「信奉」しているかたはいないと思います。
よって「夫婦別姓信奉者」というのは
存在しないことになるでしょう。


選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)は、
「夫婦は同姓であるべき」という
家族イデオロギーのためであることが多いです。
よって反対派(非共存派)には
「信奉者」と呼べる人はいると思います。

選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)が
主張する家族イデオロギーは、
戦後の日本人の心の支えとなり、
実際に「信仰」のようになっていると言えます。

「家族思想という信仰」

「信仰」レベルの信念で主張するから、
彼ら反対派(非共存派)たちは頑迷極まりなく
選択的夫婦別姓に反対するのだと思います。

選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)こそ、
戦後民法で規定され企業利益のために
高度経済成長期に普及させた
家族イデオロギーの「信奉者」と呼ぶに
ふさわしいと思います。


posted by たんぽぽ at 23:26| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください