2019年11月09日

対話せず言い捨ててブロック

11月8日エントリの続き。

「国民的議論が必要」論のモーメントに絡んだ
選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)は、
最終的にわたしをブロックしました。
ブロックするなら最初から絡むなよ?と思います。

 
この反対派(非共存派)は、わたしからの
お尋ねには、ぜんぜんお答えしませんでした。
「自分が回答しない理由」ばかり並べます。
ろくに対話する気がないのなら、
なにをしに来たのかとも思います。



この反対派は、最後のふたつのツイートをするのと
ほぼ同時に、わたしをブロックしています。


ブロックしたらその相手(わたし)からは、
この反対派のツイートは簡単に読めなくなります。
わたしがこの反対派のツイートに気づいて、
なにか反論をしても、この反対派本人には
通知が送られないです。

対話を拒絶しておいて、自分が言いたいことを
言うだけというのは、どういうことかと思います。




posted by たんぽぽ at 12:14| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください