2019年10月14日

夫婦別姓反対派のツイートが拡散する?

10月13日エントリの続き。

「女には結婚改姓の願望がある」という
認識をお持ちの選択的夫婦別姓の反対派は、
国民民主党の玉木雄一郎のツイートを見たのが、
一連の選択的夫婦別姓の議論のはじまりです。

 
玉木雄一郎は安倍晋三の所信表明演説対策で、
選択的夫婦別姓に言及しています。
安倍晋三は「多様性を重んじる」と言いながら、
自民党は選択的夫婦別姓に反対する、
という矛盾を問題にしています。

それを見てこの反対派(非共存派)は、
選択的夫婦別姓について自分の思うことを
言いたくなったものと思います。



前のエントリでお話した、父母で苗字が
異なるのはおかしいというくだりで、
選択的夫婦別姓に対する本心を、この反対派は
だいぶ出してきたと、わたしは思います。

それでもこれも、反対のための後付けの
理屈的なところがまだあると、わたしは思います。
いちばんの本心は、「女が夫の苗字に
改姓して夫婦同姓でなければならない、
結婚とはそうあってほしい」なのでしょう。


選択的夫婦別姓の反対派のツイートは、
「いいね」やリツイートがほとんどないのが相場です。
「アマジャーナル」氏のツイートに
かぎっては、なぜかかなりたくさんの
「いいね」やリツイートがついています。

「アマジャーナル」氏は有名人なのでしょうか?
プロフィールを見たかぎりではわからないです。
フォロワーは多いですが、フォロー数も多いので、
有名人だから大勢からフォローされる、
ということではなさそうです。

「アマジャーナル」氏の選択的夫婦別姓に関する
ツイートもだいぶ拡散しているのでしょう。
かなり悪影響をおよぼす可能性があります。
しっかり反論して、ネットのリテラシーを
下げないようにする必要はありそうです。


posted by たんぽぽ at 22:38| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください