2019年10月12日

「だれ?」となるのは改姓したとき

前のエントリの続き。

女性に結婚改姓の願望があってほしいという
願望のある選択的夫婦別姓の反対派は、
わけのわからないことを言っています。

夫婦別姓の場合、苗字が違って
「だれ?」となることがあるのだそうです。
この反対派はなにを言っているのかと思います。

 

苗字が違って「だれ?」となるのは、
まさしく夫婦同姓の強制による結婚改姓で、
苗字が変わったときにほかならないです。


たとえば「田中さん」が結婚改姓して
「佐藤さん」になったら、「田中さん」で認識していた
旧知の人たちは、ご本人が婚氏を積極的に
周知させようとしなければ「だれ?」となるでしょう。

「だれ?」とならない確実な方法は、
結婚しても改姓しないことです。
そのためには選択的夫婦別姓を導入して、
結婚するふたりがどちらも改姓しない、
という選択ができる必要があります。


posted by たんぽぽ at 22:01| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください