2019年09月21日

差別する団体は嫌われる

9月16日エントリの続き。

「社会の最小単位である夫婦の破壊に
つながるから選択的夫婦別姓に反対」
という
主張をする反対派(非共存派)の人は、
「日本会議は嫌われすぎ」とも言っています。

自分の意見が日本会議のそれとそっくりだ、
と言われたことに対する反応です。

 




日本会議は女性天皇や母系天皇に反対するために、
さまざまなジェンダー平等に反対します。
選択的夫婦別姓も、皇室にジェンダー平等が
波及するのを防ぐため、と言って反対です。

「差別のための夫婦別姓反対」




差別を主張し、社会に一定の影響を
与え続ける差別主義団体が、
その差別を受ける人たちから嫌われるのは当然です。
自分を抑圧し踏みにじる存在を
好きになる人なんて、いないと思います。


posted by たんぽぽ at 22:49| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください