2019年08月16日

産まれたばかりの子に夫婦別姓を強いる?

親が夫婦別姓の場合、子どもに親子別姓を
強いることにならないかと、妙な心配(?)を
する人がいらっしゃります。

 


親が夫婦別姓の場合、子どもは親のどちらかと
苗字が異なることになります。
それは産まれたときからそうなっています。
子どもに選択の余地はないです。

これを「強制」「強いる」と言うかは疑問です。
日本で産まれて、たまたま産まれたときから
日本人となっていることを、「日本人になることを
強制された」とは言わないでしょう。

日本に産まれたことが不本意で、
もっと人権水準の高い国に産まれたかったと
思う人はいると思います。
そうした人でも「日本人であることを
強いられた」とは、言わないと思います。


たまたま女性に産まれたことを、
「女になることを強制された」
「女であることを強いられた」とは言わないでしょう。
女性に産まれたことが不本意な人でも、
そんな表現はしないでしょう

たまたま貧困家庭に産まれたことを、
「貧乏になることを強制された」
「貧乏であることを強いられた」とは、
通常言わないと思います。
貧困家庭に産まれたことが不本意でも、
そんな言いかたはしないと思います。


posted by たんぽぽ at 06:39| Comment(10) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コイツラの中では親子同姓ってどの位価値あるのでしょうか?そのくせ結婚による親子別姓については気にしないですね。
Posted by イト at 2024年05月16日 03:31
選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)の男性が
「価値がある」と信じているのは、
「妻も自分の子どもにも自分の苗字を
名乗らせる」ということだと思います。

なので改姓した妻が実の親と別姓になることは
「知ったことではない」ので、
まったく気にしないことになります。
(それを気にしたら、妻に自分の苗字を
押し付けられなくなる。)
Posted by たんぽぽ at 2024年05月22日 21:57
「強制的親子別姓」というけれど、親と全然違う苗字になるわけじゃなし、父親と母親のどっちかとは一緒なんだから別姓ではないのでは?
と思っていたのですが、もしかすると「親子別姓」というより「父子別姓」になるのが嫌なのかもしれません。父親としては「自分の子供である」という確証がほしいから、せめて苗字で繋がりたい、みたいな。
Posted by Kyon-C at 2024年05月22日 23:04
Kyon-Cさんへ

おそらく Kyon-Cさんのおっしゃる通りだと思います。自分が妻や子供と同じ苗字になる事のみに興味があるため他の人に対する関心がないのだと思います。
この手の男性は「夫婦別姓で自分は困らない。困るやつなんかいるわけがない。困るやつがいればそれは悪い奴に違いない」と思っていると思います。
Posted by あいうえお at 2024年05月23日 18:53
「強制的親子別姓」と言う言葉が心に響くのは、親子同姓でありたい非共存派だけと言うことを理解していませんね。
一般人が「親子別姓だからどうした」と考えることを理解していない気がします。

この手の男性は「夫婦別姓で自分は困らない。困るやつなんかいるわけがない。困るやつがいればそれは悪い奴に違いない」と思っていると思います。
Posted by あいうえお at 2024年05月23日 19:03
Kyon-Cさん

>「親子別姓」というより「父子別姓」になるのが
>父親としては「自分の子供である」という確証がほしいから

選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)の
男性の精神構造は、「妻と子どもたちに
自分の苗字を名乗らせて、夫婦同姓、
家族同姓にしたい」だと思います。

それは「自分の子どもという確証が
ほしいから」というより、自分の苗字を
名乗らせることで妻や子どもを支配する
家庭の「小君主」でありたいと
思っているからだと思います。


彼ら反対派(非共存派)男性は、
選択的夫婦別姓が実現したら、妻は生来の
苗字に戻すと思っているのでしょう。
そして妻は復姓した自分の苗字を
子どもに名乗らせると思っているのだと思います。

そうなると反対派(非共存派)の男性は、
自分と子どもと苗字が異なるので、
ものすごく不愉快なのでしょう。
それで「強制的親子別姓だ」と
息巻くことになるのだと思います。

反対派(非共存派)の男性は、
「親子別姓は子どもによくない」と言いますが、
実際は自分が気に入らないのだと思います。
Posted by たんぽぽ at 2024年05月28日 23:10
あいうえおさん
フォローありがとうございます。

>自分が妻や子供と同じ苗字になる事のみに興味があるため

わたしもそれが反対派(非共存派)男性の
精神構造の根底だと思います。


>「強制的親子別姓」と言う言葉が心に響くのは、
>親子同姓でありたい非共存派だけ

そうだろうと思いたいです。

内閣府の世論調査を見ると、「夫婦別姓だと
子どもに悪影響があると思う」と回答する人が
結構多いので、反対派(非共存派)の
世論誘導には注意が必要だと思います。
http://taraxacum.seesaa.net/article/474155566.html
http://pissenlit16.seesaa.net/article/495389318.html


>この手の男性は「夫婦別姓で自分は困らない

「夫婦同姓では自分は困らない」が
おっしゃりたいことかしら?
Posted by たんぽぽ at 2024年05月28日 23:11
たんぽぽさんのおっしゃる通りです。
「夫婦同姓では自分は困らない」が私の申したいことです
Posted by あいうえお at 2024年05月30日 17:09
子供が結婚した後に「強制的親子別姓」を強いることになりますが彼らは馬鹿だから気付かないんでしょうね
Posted by あいうえお at 2024年05月30日 18:11
>「夫婦同姓では自分は困らない」が私の申したいこと

コメントありがとうございます。

正確には「妻や子どもに自分の苗字を
名乗らせての夫婦同姓なら自分は困らない」
だろうと思います。

自分が改姓して妻の苗字を名乗る夫婦同姓は、
選択的夫婦別姓に反対する男性は、
きっとものすごく「困る」と思います。


>子供が結婚した後に「強制的親子別姓」を強いることに

その点を反対派(非共存派)に追求するかたは
よくいるのですが、たいていの反対派
(非共存派)はまともに答えないです。

ようやく答えることがあっても、
彼ら反対派(非共存派)はよくわからない理由で、
「子どもが結婚改姓して親と別姓に
なることは問題ない」ことにします。
Posted by たんぽぽ at 2024年06月03日 22:11
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック