2019年07月16日

意味不明な選択的夫婦別姓反対派の主張

選択的夫婦別姓の反対派の主張が、
どういうことかわけがわからないというお話です。
ツイートしたかたの夫さんが、
反対派の主張について解説を求めてくるそうです。

やはり反対派(非共存派)の主張は、
選択的夫婦別姓の問題にあまりかかわったことのない
「一般のかた」から見ると、意味不明なようです。

 


具体的にどんな反対派の主張が
意味不明なのかまでは示されていないです。
それでも上記ツイートの内容から判断して、
相当数の反対派(非共存派)の主張が
意味不明であると考えられます。

実際、反対派(非共存派)の主張は、
事実に反したデマや差別レベルだったり、
理屈がつながらず、意味不明なものが多いです。
よってここでわけがわからないとされたものは、
ネットでよく見かける反対派の主張の
いくつかと考えていいと思います。


わたしは選択的夫婦別姓問題に
かなり長くかかわっているほうだと思います。
反対派(非共存派)の精神構造や思考構造も、
いろいろと考察していると思います。

「反対派の精神構造と思考構造」

それでも反対派(非共存派)の主張の中には、
よくわからないものがいまだにあります。
「選択的夫婦別姓が認められると
出自を隠せる人が出てくる」なんて、
最近になってようやくこうではないかと、
わたしは見当がついてきた程度です。

この問題にあまりかかわったことがないなら、
なおさらわけがわからない主張だらけでも、
無理もないことだと思います。


posted by たんぽぽ at 23:12| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください