2018年10月28日

あのにせ科学批判の人の党派性

10月27日エントリで、立憲民主党がおしどりマコ氏を
公認候補にしたことを、「ポリコレめんどくさい」の人が
批判していることをお話しました。

「にせ科学批判の問題はないのか?」

 


「ポリコレめんどくさい」のかたは、
安倍政権の科学技術担当相である平井卓也が、
EM菌議連の幹事長であるということは、
どう考えているのかというと、言及がまったくないです。
わたしが見たかぎり、なにも言っていないです。

「安倍内閣 初入閣・平井科技担当相は「EM菌議連」幹事長」

「ポリコレめんどくさい」のかたは、
EM菌に関心がないということはないです。
平井卓也が安倍政権に入閣する1ヶ月前にも、
EM菌について批判的な言及があります。



一般的に考えて、一度も議員になったことのない
野党の新人候補よりは、国政の中枢にいる
政権の閣僚のほうが社会的影響力は大きいです。

そう考えると、おしどりマコより平井卓也のほうが
ずっと深刻であり、にせ科学の蔓延がもたらす悪影響を防ぐという
観点に立てば、批判のためのリソースは
平井卓也により多く使うのが本来だと思います。

kikumaco(10/29ベアーズ)さんのツイート: "EMが叩かれるのはいいんだけど、同じくらいの勢いでおしどりマコも叩いていただきたい"

「叩かれるのはいいんだけど」てめぇで叩く気はゼロなんか。ニセ科学が政府中枢に浸透してるのに野党の候補叩きに血道上げるっておかしいと思わんのか?この有様じゃきくまこの原発も経済学もすべてニセだね。

2018/10/20 19:08

そこへもってきて「ポリコレめんどくさい」の人は、
おしどりマコだけ問題にして、平井卓也については
まったくなにも言わないということです。
「党派性」があるということかもしれないです。

(「ポリコレめんどくさい」の人は、自分に党派性が
あることを、べつだん否定してはいないのかな?
「自分は反野党で反リベラルだから、野党やリベラルの
にせ科学を優先的に批判する」ということでしょうか?)


菊池誠氏も平井卓也よりおしどりマコを
批判してほしいようなことを言っていました。
「salmo」は菊池誠氏のお眼鏡にはかないそうです。

「あのにせ科学批判のかたの党派性」




posted by たんぽぽ at 23:39| Comment(0) | 疑似科学(にせ科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください